【画像で解説】TREZOR(トレザー)の初期設定からビットコインキャッシュ送金まで徹底解説!

【画像で解説】TREZOR(トレザー)の初期設定からビットコインキャッシュ送金まで徹底解説!

 

この記事では、TREZOR(トレザー)の初期設定から、確実にビットコインキャッシュを送る方法をまとめました!

中でも、トレザーの初期設定は、仮想通貨の送金以上に重要なことがあるので、適当に設定したら

TREZOR(トレザー)に保管した通貨を全て失う可能性すらあります。

重要なぶん、トレザーの設定方法を解説しているので、参考にしてみて下さい!

【画像付き】TREZOR(トレザー)の対応通貨&正規品を購入する方法を詳しく解説!

2018.05.17

 

TREZOR(トレザー)の初期設定から送金までの全体像

TREZOR(トレザー)の初期設定
トレザーの初期設定から送金は、
  • PCにソフトをインストール
  • リカバリーフレーズのメモ保存
  • PINコードの設定
  • ビットコインキャッシュの送金
という流れで進めていきます。

 

後ほど詳しく説明していきますが、PINコードとリカバリーフレーズはかなり重要で、

この2つ失くすと、トレザーに入れた通貨が二度と取り出せなくなる可能性があります。

初期設定の中でも、かなり重要なパートなので、手順通りに進めていきましょう。

 

 

TREZOR(トレザー)の初期設定

 

まず、トレザーをPCに繋いだ状態で、トレザーの公式サイトにGooglechromeでアクセスします。

アクセスしたら画面右上の【財布】をクリックして

トレザー公式サイト
 

 

すると画面が変わるので、初期設定したいトレザーを選択(注文した商品によって変わります)して


 

 

選択すると画面が変わるので、MacまたはWindowsを選んで【Download latest Bridge】をクリックします。


 

 

そうしたら、いったんトレザーをPCから取り外して、

ダウンロードした【trezor-bridge-〇〇】を開いて、画面の案内に従ってソフトをインストールしていきます。


 

 

インストールが完了したら【Close】をクリックしましょう。


 

 

インストールが完了したら、【Refresh page】をクリックします。


 

 

すると「Connect TREZOR to continue」と表示されるので、トレザーをPCに繋ぎます。


 

 

接続すると画面が変わるので、【Create new】をクリックします。


 

 

すると「Your TREZOR is ready!」と表示されるので、【Continue to the wallet】をクリックします。


 

以下の画面が表示されたら、リカバリーフレーズを作成していきます。

まず、【Create a backup in 3 minutes】をクリックします。


 

 

クリックすると画面が変わるので、「I understand and I agree」にチェックを入れて【Continue】をクリックします。

※書かれてることを簡単に説明すると、
  • リカバリーフレーズは1回しか表示しないよ
  • スマホで撮影したりネット環境にアップするのは辞めてね
  • リカバリーフレーズは失くさないように保管してね
と書かれてます。


 

 

通貨を失わないために必須!リカバリーフレーズのメモ保存

 

クリックすると、トレザー本体の方でリカバリーフレーズが表示されるので、1つずつ確実にメモしていきましょう。


トレザーと一緒に同封された用紙に、超、超、超重要なリカバリーフレーズをメモしていきます。

 

リカバリーフレーズとは、万が一本体が壊れたり使えなくなった時に、中身を復元するパスワードのようなもので、これがめちゃくちゃ重要です。

知ってる人も多いと思いますが、仮想通貨はトレザーの中に入ってるわけではなく、通貨はインターネット上に保管されてます。

トレザーの役割は、ネット上に保管された金庫にアクセスする秘密の鍵のようなものです。

秘密の鍵があるから、例え、トレザー本体が壊れたり使えなくなっても、PINコードとリカバリーフレーズがあれば、いつでも復元できるというわけです。

 

逆にいえば、リカバリーフレーズが分からないと、中身の通貨は二度と取り出せないので、厳重に、慎重すぎるくらいの対処をしておいた方が良いです。

 

ちなみに、リカバリーフレーズを書いた紙を、スマホで撮影して保存しておくのは辞めた方がいいです。

アプリの設定によっては、画像にアクセスして、画像情報を盗まれる可能性もありますからね。
  • リカバリーフレーズは必ずメモして保存
  • その際、複数のメモ用紙にリカバリーフレーズを書いて保存すると尚良い
  • スマホで撮影して保存しない
 

僕は、メモ用紙2枚に手書きで書いて、リカバリーフレーズ専用のマイクロSDを使ってデジカメで撮影して保存し、それを数カ所、別々の場所に保管してます。

火事に合うかもしれないし、泥棒が入るかもしれない、うっかり失うかもしれません。

 

 

というわけで話を戻しますが、

24個メモしたら、確認のため、もう一度だけリカバリーフレーズが表示されるので、間違ってないか確認しましょう。

「Finish」が表示されたら、ボタンを押して完了です。


 

 

すると、PC画面の方に「You have successfully backed up your device!」と表示されるので、【Continue】をクリックします。


 

 

すると、「セキュリティーを上げるためにトレザー本体に名前を付けるよ」と表示されるので、【Continue】をクリックします。


 

 

画面が変わったら、好きな名前を付けて【Confirm to continue】をクリックします。


 

 

すると、トレザー本体の方で確認を求められるので【Confirm】ボタンを押します。


 

 

するとPC画面で確認が求められるので、次に進めると、PINコードを設定する画面が表示されます。


 

 

トレザー本体で確認を求められるので【Confirm】ボタンを押して


 

 

超重要!PINコードの設定とメモ保存

 

するとPINコードの設定画面が表示されるので、好きなコードを入力していきましょう。

※その数字を見ながら、PCに表示されたピンコードを決めていきます。この場合、「4」を入力したい場合は真ん中を押します。


6ケタ以上の数字を組み合わせて、好きなPINコードを入力しましょう。

 

PINコードとは、スマホでいうパスコードのようなもので、今後トレザーから送金するたびに必要になります。

なので、PINコードは忘れないようにメモを取るなりして厳重に保管しておきましょう。

自分の誕生日など簡単な数字もNGです。

 

万が一レジャーナノSを盗まれたとして、そこでPINコードが解読されたら中身の通貨を盗まれる可能性があるからです。

また、仮想通貨を入れた後に「うっかりPINコードを忘れてしまった・・・」ということも十分考えられますが、

PINコードを連続で間違えると強制的に初期化されて、中身の仮想通貨が二度と取り出せなくなります。

 

本当にPINコードは、めちゃくちゃ重要なので、
  • 簡単な数字は控えて
  • 忘れないようにメモして保存
  • スマホで写真を撮らない
ようにしましょう。

 

PINコードとリカバリーフレーズは本当に重要なので、この2つは絶対に失くさないように保管しましょう。中身の通貨が二度と取り出せなくなってしまうので。

何度もお話しするほど重要ってことですからね。

 

 

ではでは、話を戻すと、

PINコードの設定が完了すると「Good job! Your PIN is set.」と表示されるので【Continue】をクリックします。


 

 

最後に、最新情報などを受け取れる方法が表示されるので、トレザーのTwitterアカウントをフォローしてみるといいかもしれません。

トレザーのアップデート情報など、すぐにキャッチできますからね。


 

 

初めは慣れない作業で大変かと思いますが、

PINコードとリカバリーフレーズは最重要項目なので、必ずメモして保存しておきましょう。

 

次からは、トレザーの設定方法を解説していきます。

※できれば、トレザーに送金する前に一度リカバリーをして、「トレザーをなくしたり壊した場合」を想定しておくといいかと思います。

仮にトレザー本体が壊れても、PINコードとリカバリーフレーズさえ分かれば、いつでも復元できるので!

TREZOR(トレザー)を確実にアップデート・リカバリー(復元)する方法を解説!

2018.05.18

 

 

ザイフからトレザーにビットコインキャッシュを送金する方法

ここからは、トレザーにビットコインキャッシュを送金する方法を解説していきます。

 

まず、トレザーのウォレットアプリを開いた状態で【Bitcoin】【Bit coin Cash】の順にクリックします。


 

 

クリックすると、「ビットコインキャッシュのウォレットに移動するので、間違えないようにしてね」と表示されるので、【Confirm】をクリックします。


 

 

クリックすると画面が変わるので、【受信】【Show full address】の順番でクリックします。


 

 

すると、PCとトレザー本体に、ビットコインキャッシュのアドレスが表示されるので、トレザー本体の方で【Continue】ボタンを押します。


 

 

ボタンを押すとPC画面に、ビットコインキャッシュのアドレスが表示されるので、このアドレスにビットコインキャッシュを送金していきます。

 

トレザーの方でビットコインキャッシュのアドレスを表示させたら、ザイフから送金していきます。

まずザイフにログインしたら、【入出金】をクリックします。


 

 

画面が変わったら、【ビットコインキャッシュ】を選び【出金】をクリックします。


 

 

画面が変わったら、

出金アドレスにトレザーのビットコインキャッシュのアドレスをコピペして、間違いがないか確認しましょう。


初めて送金する場合は、0.001BTCくらいを送金しましょう。

万が一アドレスを間違えた場合、ビットコインキャッシュが消えてしまうので、まずは確実に送金できることを確かめた方が良いです。

 

アドレスに間違いがないことを確認したら、二段階認証を入力して【出金】をクリックします。

 

 

あとは、トレザーの方に着金されるのを待つだけです。

この時が一番ドキドキしますが、アドレスが間違っていなければ必ず着金しますからね。

ちなみに、着金までの時間は仮想通貨相場の盛り上がり具合によって、短くなったり、長くなったりします。

 

盛り上がってる時は着金まで時間がかかる傾向があるので、時間はその時々によって変わるのでドキドキしながら待ちましょう。

この記事を書いてる時は、3分ほどで着金しました!

ちゃんと届くのを確認したら、残りのビットコインキャッシュも移していきます。

 

以上が、トレザーにビットコインキャッシュを送金する方法です。

 

トレザーを取り外すときは、以下のボタンを押して取り外します。


 

確認が表示されるので【Forget】をクリックします。


 

お疲れさまでした!

 

まとめ

今回はビットコインキャッシュを例にしましたが、
  • ビットコイン
  • ビットコインゴールド
  • ライトコイン
も送金のやり方は、ほとんど同じです。

 

NEM(ネム)やモナーはちょっとやり方が変わるので、次の記事で、解説しようと思います。

 

次の記事では、トレザーにイーサリアム・ネムを送金する方法を解説しているので、

失敗しない送金方法が知りたい方はご覧になってみて下さい。

【確実に】TREZOR(トレザー)へイーサリアム・ネムを送金する方法を解説!

2018.05.18

 

リカバリー方法などが分からなくなったときは、↓こちらの記事を参考にしてみて下さい。

TREZOR(トレザー)を確実にアップデート・リカバリー(復元)する方法を解説!

2018.05.18

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

北澤翼

WEBマーケティングの会社を経営しつつ、仮想通貨、株、REIT・ETFを実践中。さらに、不動産投資を学びながら長期的な資産構築に取り組んでいる。プロフィールの詳細はこちら