【徹底解説】THEOとTHEO+docomoどちらを選ぶべき?違いやメリットを全部把握しよう!

どうも、三村(@MimuraKeisuke)です。

今回は、THEOとTHEO+docomoの違いについてまとめてみました。

この記事を読めば、

  • THEO+docomoの特徴
  • THEO+docomoを有効活用できる人
  • THEOとどっちがおすすめ?
などが分かるようになります。

んじゃさっそく本題に入りましょう。

THEOとTHEO+ docomoの違いは?

THEO+ docomoとは、株式会社お金のデザインがサービス提供するロボアドバイザーTHEOとdocomoが業務提携して、2018年5月16日から始まったサービスです。

コマーシャル動画がこちら。



まあ簡単に言うと、docomoとTHEOが手を組んでお互いの契約者増やそう!というわけです。

もちろん僕ら利用者サイドにもメリットがあって、それが「THEOで資産運用するだけでdocomoのdポイントが貯まる」です。


メインターゲットはドコモ回線利用者を対象にしていますが、ドコモ回線を利用していない人でも一応dポイントはもらえます。ドコモ利用していないと少なめですけどね。


dポイントって、僕自身はあまり使ってなくて何ができるのか知らなかったので少し調べてみたのですが、こんな感じ。

 
  • 街のdポイント加盟店で使える(コンビニ、スーパー、百貨店、飲食店など)
  • ネットショッピングでd払いとして使える
  • ドコモのケータイ料金の支払いに使える
  • ポイントグッズと交換できる
詳しくはこちらのドコモ公式サイトで確認できます。

で話を戻すと、

THEO+docomoでは他にもちょっとしたサービスもあってこれは次項でまとめて解説しますが、THEOとTHEO+ docomoの一番大きな違いとしてはこの「dポイントが貯まるかどうか」だけです。

肝心の資産運用に関する機能や成績に関して違いはありません。

あくまでオプション的なサービスの違いだけ。

THEOにはないTHEO+ docomoの特徴3つ



こちらの動画の後半部分を見ればわかりやすいと思いますが、先ほども少し触れたとおりTHEO+ docomoの特徴について以下まとめておきます。

特徴1. 資産運用額に応じてdポイントがもらえる

THEO+ docomoでは資産運用額に応じてdポイントが毎月付与されます。

ポイント還元率は?
  • ドコモ回線の人・・・資産運用額1万円につき毎月1.5ポイント
  • ドコモ回線以外の人・・・資産運用額1万円につき毎月1ポイント
 

例えば、docomoのケータイを使ってる人が100万円資産運用するとこんな感じ。


1万円=毎月1.5ポイントなので、100万円=毎月150ポイント。

一年で1,800ポイント貯まる計算になります。

ドコモ回線じゃない人の場合は毎月100ポイントになるので、一年で1,200ポイントです。

いちおう細かい規定もあるので載せておきます。

dポイント付与に関する細かい注意点

※ 運用状況により預かり資産額が変動する。dポイントは変動した預かり資産額に応じて付与される。
※ 月末の預り資産額をもとに算出。小数点以下のポイントは切り上げ。
※ 預り資産額3,000万円以上は預り資産1万円につき0.75ポイント(ドコモ回線以外の人は0.5ポイント)付与する。
※ 投資一任運用報酬の徴収から2ヶ月以内にポイントを付与する。
※ 月末時点でドコモ回線を解約している場合は、預り資産1万円につき1ポイントとなる。
※ dポイントクラブを退会した場合、またはdポイントクラブ会員資格を喪失した場合はポイントは付与されない。

ちなみに他にも、どれくらいdポイントが貯まるのか?

運用金額と運用年数でもいくつかシュミレーションしてみたのがこちら。

 
1年後 3年後 5年後 10年後
50万円運用 900pt

(600pt)
2,700pt

(1,800pt)
4,500pt

(3,000pt)
9,000pt

(6,000pt)
100万円運用 1,800pt

(1,200pt)
5,400pt

(3,600pt)
9,000pt

(6,000pt)
18,000pt

(12,000pt)
300万円運用 5,400pt

(3,600pt)
16,200pt

(10,800pt)
27,000pt

(18,000pt)
54,000pt

(36,000pt)
500万円運用 9,000pt

(6,000pt)
27,000pt

(18,000pt)
45,000pt

(30,000pt)
90,000pt

(60,000pt)
1,000万円運用 18,000pt

(12,000pt)
54,000pt

(36,000pt)
90,000pt

(60,000pt)
180,000pt

(120,000pt)

※()内はドコモ回線以外の場合です

三村
少額だとしょぼいですけど、dポイントってだいたいコンビニとかで1ポイント1円で使えたりするので、そう考えるとdocomo回線使ってる人にとっては便利かもですね。

docomo回線の人で、ある程度まとまった金額でTHEOで長期運用するならアリかと。

特徴2. dカードで買い物した際に出たおつりを積立に回せる

dカードで買い物をして、その時のおつりを自動でTHEO+docomoの積立にまわすことができます。


あらかじめ自分で基準金額を決めておいて、その差額がTHEOの積立に投資される仕組みですね。

ちなみにこの機能は、ドコモ回線利用者でかつdカードを持っている人が対象です。

三村
正直、そこまで便利なサービスには感じませんが、自分で定期的に金額決めて積立するのが難しいって人には便利なのかもしれませんね。

おつりとなると少額なのでチリツモではありますが、小銭貯金みたいな感覚でおつりを運用のほうに自動で回してくれるので。

特徴3. ドコモ口座と連携することができる


ドコモ口座とは、簡単にいうと電子マネーサービスアプリですね。

ネット上で買い物したり送金したりできる「バーチャルなお財布」みたいなもんです。

2018年7月から開始されたサービスで、このドコモ口座を使えば銀行振込を使わずにワンクリックでTHEOに入金したり、THEOで運用しているお金の一部をドコモ口座に出金することができます。

三村
ドコモ回線を使っている人ならこれでケータイ代が払えたりしますが、ドコモ回線以外を使ってる人にはとくに使うメリットはないかと思います。

お得なキャンペーンでTHEO+ docomoの加入者数アップを狙っている

THEO+docomoでは顧客獲得のために様々なキャンペーンが実施されています。

今これを書いている時点(2019/1/12)では、キャンペーン期間中に「積立開始キャンペーン」にエントリーし、3ヶ月連続で積立による入金を行うと、最大5,000dポイントがもらえます。


キャンペーン対象者は、THEO+ docomo積立を初めて行う人限定です。つまり、以前にTHEO+ docomoで積立をやっていたけど一度やめて再開…という人は対象外です。

どのくらいの積立額でdポイントがいくら貰えるか?がこちら。

三村
この積立キャンペーンは2019年3月13日(水)17:00まで。

まあ、おそらくこれが終了してもまた別のキャンペーン始まるんでしょうけどねー

THEO+docomoへの移行方法

すでのふつうのTHEOで運用している人も、今からでもTHEO+docomoに切り替えることは可能です。

管理画面から手続きができるので流れだけ簡単に説明します。

 

まずはTHEOにログインし管理画面から、「その他」「ユーザー設定」へ。


左上の「お客さま情報」をクリック。


 

「THEO+docomoへ切り替える」をクリックします。


 

注意事項を読んでクリックし「チェック」を入れます。

書いてある通りですが、一度THEO+docomoへ切り替えると戻れないので注意です。


あとはdアカウントを入力して完了です。

この時点でdアカウントがない人は作りましょう。手数料はかかりません。

 

THEOとTHEO+ docomoはどっちがおすすめ?


THEOとどちらで加入しようか迷われている方もいるかもなので、ここまでの特徴からTEHO+docomoが向いている人を考えると、

 
  • docomoのケータイ回線を使ってる人
  • dカードなど普段からよくdポイントを使って生活してる人
になります。

三村
ドコモ回線以外の人でもdポイントはもらえますが、そういう人は実際dポイントを使う機会も少ないと思うし、100万くらいの運用額だと貯まっても一年で12,000ポイント。

わざわざTEHO+docomoで運用するメリットは少ないかなと思います。

そして何より、今後新しいサービスやオプションが追加された時に、大元のTHEOには対応していてもTHEO+docomoでは対応しない可能性もあります。

これはウェルスナビなど他のロボアドサービスでも同様のことが起こってますよね。

なので、docomo以外の人でどちらにしようか迷うくらいなら無難にふつうのTHEOで開設しておくことをオススメします。

三村
とりあえずTHEOで開設しておいて、切り替えたくなったらいつでも管理画面からTHEO+docomoへ切り替えできるしね。

逆は無理よ。THEO+docomoからふつうのTHEOやその他提携サービスへの移行はできません。

【2019年2月追記】THEOの手数料値下げ、THEO+は対象外で要注意!

THEOの手数料体系が変わります。その名もTHEO Color Palette(テオカラーパレット)。2019年4月からカラー判定スタート、2019年8月から適用開始。

これまで手数料は一律1%でしたが、今後は入出金額に応じて5段階にランク分けされたカラーによって、最大手数料が0.65%まで下げられます。

ただし、THEO+docomoなどTHEO+は適用対象外となっているので要注意。本家THEOのみの新手数料体制となります。

このアップデートにより選択肢は消えました。本家THEO一択で間違いありません↓

【大逆襲】THEO新手数料システムで大幅値下げ↓ウェルスナビ長期割とも比較。

2019.02.21

スマホ代をもっと安くして根本的に節約を見直そう

現状、ドコモでケータイ契約している人は、格安SIMへの切り替えも検討されるといいでしょう。

資産運用を考えるならロボアドもいいですが、支出面を見直すという意味でも格安SIMへの移行は大きな節約につながります。

 

格安SIMならスマホ代が月2000円以内でおさまるなんてザラです。

現状スマホ代で毎月6000円くらいの人なら、格安SIMに乗り換えることによって月4000円の節約、年で5万円弱の節約になります。

三村
dポイントをTHEO運用で貯めることを考えると、こっちのほうがよっぽど効率いいよ。固定費の見直しは資産形成していく上でめっちゃ大事なので!

格安SIMへの乗り換え方について一から知りたい方はこちらの記事を参考にしてください↓

なぜ格安SIMに乗り換えない人が多いのか?デメリットとメリットの真相に迫る!

2018.10.28

迷ったらふつうのTHEOで間違いなし

さて、今回のTHEO+docomoをまとめると、

 
  • ケータイから日常生活からdocomoにお世話になってる人にはおすすめ
  • それ以外の人にはとくに特筆すべきメリットはない
  • THEOからTHEO+docomoへの切り替えは可能(逆は不可)
  • そもそもドコモのケータイ使ってる人は格安SIMに乗り換えたほうが実質お金たまる
  • 残念ながらTHEOカラーパレットによる手数料値下げの対象外になっている
ということでした。

前述した通り、THEOカラーパレットという新システムによる手数料の大幅値下げは、本家THEOのみ対象となっています。THEO+docomoは適用対象外なので要注意。

この手数料値下げの恩恵を受けない手はありません。今から始めるなら迷わずふつうの本家THEO一択で間違いなし。


ということで以上!以下の記事も参考にしてみてね。

【大逆襲】THEO新手数料システムで大幅値下げ↓ウェルスナビ長期割とも比較。

2019.02.21

THEO(テオ)は儲からない?赤字、大損しないための「弱者の戦略」とは?

2018.12.26

どっちがおすすめ?THEOとTHEO+JALの違いは?マイル還元率も考慮しながら検討してみた

2019.01.11
三村佳輔

現在ウェブマーケティング会社を経営しながら、ビジネスと投資の2本立てで中長期視点での資産構築を目指す。海外金融商品の複利パワーを活用しながらさまざまな投資を組み合わせ実践中。プロフィールの詳細はこちら