paypayまるわかり完全ガイド|使えるお店から評判やキャンペーンまでペイペイの情報を完全網羅

どうも長島です。

今回はQRコード決済の中でも最もHotな
paypayについてわかりやすく解説したいと思います。

paypay(ペイペイ)とは?

paypay
paypayとはソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供を開始したスマホ決済サービスです。

お店のQRコードを読み取るか、自分のQRコードをお店に読み取ってもらう事で簡単に決済をすることが出来ます。

つまり、このQRコード決済が世の中に浸透すれば、財布がなくてもスマホだけで買い物ができるような世界が来るわけです。

ただ、個人的にはネーミングセンスがイマイチなような気がしますね。

ペイペイってアメリカのpaypal社が提供している『paypal(ペイパル)』っていう決済サービスの名前に似ていてややこしいし、
慣れるまでは『ペイペイ決済でお願いします。』ってなんかダサくて恥ずかしいですよね。

因みに、私は家の近くのコンビニで決済時に「ペイペイでお願いします」といった時に
コンビニの初老店員のおじさんに「私も昔は会社でペーペー(paypay)だったんです」っていう
超ド級のおやじギャグをくらわされて以来、ペイペイ決済恐怖症になりました。

こんなダサい名前じゃなければ、あんなに気まずい思いをせずに済んだのに・・・。

paypay(ペイペイ)を使う事でどんなメリットがある?

paypayを使うにしてもメリットがなければ
わざわざアプリをダウンロードして使わないですよね?

そこで、paypayを利用した場合に
どのようなメリットがあるのかをまとめてみました。

0.5%のポイント還元が受けられる

paypayで決済を行うと
決済代金の0.5%がpaypayボーナスというポイントとして受け取ることが出来ます。

しかも、paypayの決済方法をクレジットカードに設定している場合には
クレジットカードのポイントとは別で0.5%のポイントを還元してもらえることになります。

キャンペーンでのポイント還元

paypayは2018年12月4日に
「100億円あげちゃうキャンペーン」というキャンペーンが開始されました。

キャンペーン内容は全ての決済の20%をポイントで還元したり
40~10回に1回の割合で支払額の全額が還元されるというものでした。

本来であれば2019年3月31日まで実施予定でしたが
余りの反響に開始わずか10日間で終了することとなりました。

ただ、paypayのプレスリリースには、

今後も新たなキャンペーンの実施を予定しております。詳細は、決まり次第ご案内します。

と記載されているので、
今後も同じような大型キャンペーンがあることが予想されます。

paypay(ペイペイ)の使い方は?


ペイペイの使い方は簡単で決済方法は2つあります。

1つはお店にあるQRコードを読み取る方法と、もう一つは自分のpaypayに表示されているQRコードを読み取ってもらう方法です。

お店のQRコードを読み取る場合

①paypayのアプリを起動し、『スキャン支払い』をタップする。

②金額の入力画面に移動するので、決済金額を入力する。

③お店の店員に入力金額を確認してもらい、決済を実行する。

お店のQRコードを読み取る場合

①paypayのアプリを起動し、トップページのバーコードを店員に提示。

②店員がバーコードリーダーでバーコードを読み取れば決済完了。

paypay(ペイペイ)の使えるお店・加盟店


日本国内でQRコード決済があまり浸透しない理由の1つとして
QRコード決済を使えるお店が少ないという事が挙げられます。

しかし、paypayではソフトバンクの営業力を最大限にいかして
全国に数千人の営業スタッフを配置し小売店にpaypayの導入を働きかけています。

なので、かなりのスピードで今後paypayの加盟店が増えて
多くのお店でpaypayで支払いが出来るようになることが予想されます。

以下では実際にpaypayで支払いできるお店や加盟店を紹介します。

また、下記の他にGPSを利用して現在地の近くのpaypay決済に対応しているお店を探すマップ機能なども付いているので
どこがpaypay決済に対応しているかをスグに調べることが出来ます。

飲食店

魚民、白木屋、山内農場、笑笑、和民など

家電量販店

エディオン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、ジョーシンなど

コンビニ

ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ

その他

エイチ・アイ・エス、Zoff、ハートアップ、眼鏡市場、など

近日対応予定

ピザーラ、ジーンズメイト、DIESEL、てもみんなど

paypay(ペイペイ)の支払い方法は3種類


paypay決済を利用した場合の支払い方法には①paypay残高②Yahoo!マネー③クレジットカードの3種類があります。

①paypay残高(銀行口座)

paypay残高とは登録した銀行口座からお金をチャージしてpaypayのポイント残高をチャージします。

「Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座」若しくは「Yahoo! JAPANカード」からチャージすることができるので
かなり多くの金融機関の口座で対応可能なのですが三菱UFJ銀行に関してはチャージが出来ません。

②Yahoo!マネー

Yahoo!マネーとはYahoo! JAPANが提供する1円単位で買い物ができる電子マネーです。

Yahoo!マネーをチャージする場合には「Yahoo!ウォレットの預金払い用口座」、「コンビニ」、「ヤフオク!の売上金」からチャージすることが出来ます。

③クレジットカード

paypayのアプリにクレジットカードを登録することでpaypayにチャージせずにpaypay決済を行うことが出来ます。

クレジットカードの種類に関してはVISA、MasterCard、JCBなどが対応しています。

paypay(ペイペイ)の評判はどうなの?

それでは実際にpaypayを使っている人の評判はどうなのでしょうか?

代表的なpaypayに関するポジティブな口コミとネガティブな口コミを集めてみました。


上記のようにpaypayに関する評判を見ていると2割ぐらいが100億円あげちゃうキャンペーンに関するポジティブな評判で

残りの8割に関してはpaypayが切っ掛けでクレジットカードが不正利用されていることに対してのネガティブな評判でした。

それも、そのはずでpaypayのセキュリティーが甘かったようで
paypayを利用しているか利用していないかに関わらずかなり多くの人がクレジットカードの不正利用被害にあっているみたいなのです。

paypay(ペイペイ)によるクレジットカード不正利用の手口

paypay
上記のpaypayに関する評判のところでも紹介したように
paypayによりクレジットカードが不正に利用されているという人が結構多いみたいです。

では、なぜ他のQRコード決済ではこういったクレジットカード不正利用は起こらなかったのに
paypayに関してはこういったクレジットカードの不正利用被害が続出したのでしょうか?

それはpaypayの場合には以下のようなような条件が揃っていたからです。

 
  • paypayにクレジットカードを登録する際は、カード名義の確認は不要でクレジットカード番号だけで登録が可能だった。
  • クレジットカードの番号を適当に何度も入力し続けてもロックなどが掛からないので、無限に入力を続けて他人のクレジットカード番号でランダムで探しあてることが出来た
 

最近ではクレジットカード番号を入力するだけでクレジットカードを登録できるアプリも多いですが
番号を何度入力してもロックが掛からないというのは普通から考えたら有り得ないですよね。

これなら詐欺師に不正してくださいと言っているようなものです。

しかも、その後のpaypayの対応に関してもかなり悪いようで
ネットではもうpaypayを使わないと言っている人は結構多いようです。

この問題で特に重要なな点は、paypayを利用したかしてないかに関わらずクレジットカードを持つ全ての人が不正利用の対象になっているという事です。

なので、もしあなたがpaypayを使っていなかったとしてもクレジットカードの不正利用がされている可能性があるので、明細を確認しておいた方がいいですよ。

まとめ

ここまでpaypayに関する使い方やメリット、使えるお店に関して紹介してきました。

paypayはQRコード決済市場の中ではかなり遅れをとっていたので
『100億円あげちゃうキャンペーン』などで一気にシェアを広げることが出来ました。

ただ、クレジットカードの不正利用などの問題もあり
せっかくpaypayに興味を持ったユーザーの評判もあまり良くない状況です。

恐らく、ソフトバンクとヤフーという資金力が豊富な大企業がこのままで終わるとは思えないので
また新たな大型キャンペーンをpaypayで実施する可能性も十分にあります。

実際にpaypayの決済をクレジットカードで支払う事で
通常よりもポイント還元率が高くなってお得に買い物できるのも事実です。

そういった節約という観点で見ると
paypayを利用しても良いのではないかと思います。

また、こういったQRコード決済やクレジットカード決済での少額の節約だけではなく
年間で考えると数十万~数百万円という大きく節約できる節約術を知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

無理して節約してはいけない!?節約せずに貯金が貯まる節約術!!

2018.12.11
長島 雄太

ウェブマーケティング会社を経営しながら、仮想通貨やFX、株などの投資を実践中。今後は海外移住を視野に入れ、海外不動産屋や海外金融商品なども勉強中。プロフィールの詳細はこちら