【お金を稼ぐ編】今の時代に稼ぎやすい4つのビジネスモデルとは?資産を増やす3大原則。

The following two tabs change content below.
MOTO
現在、WEBマーケティング、ボルダリングジムなど4社経営しながら、株、ETF、フィリピン不動産、ビットコインなどの仮想通貨、映画事業への投資など様々な分散投資をしながら長期的な視点で資産を構築している。 プロフィールの詳細はこちら

どうも。FALI代表のMOTO @mmoto001です。

いつもお話しすることなのですが、
お金を増やすためには、3つの大原則があります。


この3つですね。

前回、❷お金を守る編の記事を書きました。

【お金を守る編】資産を増やすための3大原則!知らずにまだ損し続けるの?



多くの方は、「お金を稼ぐ」といういわば、オフェンスには注目するのですが、
「お金を守る」というディフェンスは疎かにしがちなのです。

サッカーでもフォワードとか身っとフィルダーのほうが目立ちますよね?
でも、ディフェンスがざるだったら、どれだけ得点決められる選手がいても勝てないと思います。

そして、「お金を稼ぐ」は時間がかかりますが、
「お金を守る」は今すぐに出来ることです。

であれば、
どっちからやればいいか明確でないですか??
先にお金を守るってことです。

そのほうが早いからです。

まずはお金を守り、
余らせたお金で「❸のお金を増やす」をやっていく必要があります。

「❷お金を守る」を疎かにしていると、
「❶お金を稼ぐ」でどれだけ稼いでも増えないですし、
「❸お金を運用する」で投機でお金を使って減らしてしまったりしますからね。

そのため、まずは、「❷お金を守る」を実践しましょう。
それが結局、資産を増やす上での近道になります。

で、今回は、「お金を稼ぐ」を解説していこうと思います。

僕自身、起業して8年目経ちますが、
全くの0からスタートして2年半で1人で年商1億円を突破したので、
最低限、ビジネスで稼ぐということもお伝え出来るのでここでお話しします。

よくロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんの
キャッシュフロークワドラント「E、S、B、I」は有名ですよね?


 

E(従業員)
S(自営業)

左側2つは労働収入。
自分が働いたらその分だけお金が入ってくるもの

B(ビジネスオーナー)
I(投資家)

右側2つはは権利収入です。
自分が働かなくても自動で収入がはいってくるもの

あなたが資産家になりたければ、

今従業員(サラリーマン)の収入しかないなら、
まずは自営業で自分で稼げる力を身に着ける必要があるでしょうし、
そこから少しずつビジネスオーナーや投資家での収入を増やしていくことが必須です。

なぜなら、従業員や自営業で自分の労力を売って稼ぐことには限度がありますし、
日本であれば、稼げば稼ぐほど累進課税で最大55%が税金で持っていかれます。

たとえ、一般の人が目標とする月収100万円、
年収1000万円ぐらい稼いでいても全然お金が貯まらないのです。

でも、ビジネスオーナーや投資家であれば、
自分の代わりに人やお金が働いてくれているので、
増やしていくことが出来るます。

これを理解しないことには、
一生資産家にはなれません。


なぜなら、これが資本主義社会のルールだからです。


まあ、サラリーマンしながらビジネスやりながら投資家でもあるZOZOの田端さんみたいな人もいるので、そういう状態であればサラリーマンも好きな仕事なのであれば全然いいと思います。

ただ、
あなたが今従業員、サラリーマンとしての収入源しかないならかなり危機感持っておいたほうがいいですよ。危機感持ってない人達はこれから超格差社会に突入することで苦しい時期を迎えることになります。

で、
今回の記事では、
その中でもS(自営業)、B(ビジネスオーナー)の部分、
まりこれからの時代にビジネスで稼ぐためにはどうすればいいか?
にフォーカスして解説します。

流れとしては、S(自営業)でビジネスを構築して、
お金や人、システムに任せて自分の労働を減らしていき、
徐々にB(ビジネスオーナー)に移行していく流れは念頭に置いておきましょう。

ずっとS(自営業)のままだとE(従業員)と変わらないですからね。

 

今後、ビジネスをやる上で絶対外せないこととは?

まず、
ビジネスをうやる上で絶対に抑えておくべき必要があるのでそこからお話しします。

その絶対抑えておくべきこととは、時流に乗ることです。

断言しますが、この時流に逆らったビジネスをしている場合、
どれだけ努力しようがどれだけ汗水たらして寝ずに働こうが99%上手くいきません。

ビジネスは才能とか努力だけでは絶対上手くいきません。


でも、この時流に逆らって自営業している人達はすごく多いです。

ちょっと前は脱サラして飲食店を始める人が多かったのですが、
飲食店とか、時流に乗れていない職種を選択してしまった時点で
茨の道を進むことになることを覚悟しましょう。

よほどマーケティングで分析して、立地、顧客、コンセプトなどしっかり分析して、
ネットも駆使して集客して、尚且つ、テクノロジーを取り入れているのであればまだわかりますが、
それでも初期費用、運営コストなど考えると割には合わないと思いますけどね。

僕もビジネスの1つとしてボルダリングジムを経営しているのでわかりますが、
在庫を抱えない、月額会員制という2つの大きなメリットを持った優秀なビジネスモデルでさえ、
初期投資と人件費を考えると大きく儲かるわけではないですから。

他には、
弁護士とか、会計士とか、司法書士とか税理士とかですからね。

今まではエリートと呼ばれていた職業ですが、
今のままと同じ線路の先にはAIに仕事を持っていかれる未来しかないでしょう。

MOTO
もし、こういう類の自営業をやっている場合は、今のビジネスモデルのままだと衰退するのも時間の問題なので、後述するビジネスモデルを取り込んでパワーアップさせることが出来る人だけ生き残るでしょう。

また、時流に乗れなかった事例として、
僕の父親も内装業をしていましたが倒産しています。
それを身近で見ていたからよくわかるのです。


特にテクノロジーを追いかけるということは、
常に時流の最先端の波に乗れるということなので、
まずテクノロジーは追いかけたほうがいいです。

そもそも、
テクノロジーは僕たちの生活をより便利に豊かにする技術なわけですから、
好奇心を持って新しいサービスは積極的に使っていくぐらいの姿勢は必要でしょう。

話題になっている新サービス、新アプリなどは進んで試してみたり、
VRとかARというものもどんなものか?試してみたり、
仮想通貨もそうでしょうし、
新しい決済サービスも色々出てきます。

とにかく、全部使う必要はないですが、
試してみたことがあるのとないのではな月とすっぽんですから。

テクノロジーに乗るというのは時流に乗る中の1つではありますが、
一番乗りやすいし恩恵を受けやすいので乗らないのは損でしかないです。

 

世の中の「イケてるおっさん」と
「イケてないおっさん」を想像してみてください。


 

イケてるおっさんはバリバリテクノロジーの最先端にいませんか?
ソフトバンクの孫正義氏がぱっと出てきますよね?

でも、イケてないおっさんは、
ちょっと前に一世を風靡したサイバーセキュリティ担当大臣も務める桜田大臣とかでしょうか(笑)

「サイバーセキュリティ大臣なのにPC使わんのかい!!」
と世の中に笑撃を与えたおっさんです。

ある意味PCを使わなければサイバーテロを絶対に受けないのでそういう意味で一歩先を行っていたのかもしれないですけれど(笑)

まあ、そんなPCも使えない方が大臣になれるわけですから日本の権力社会ってある意味凄いと思いますがそんな腐った政治がいつまでも続くとは思えませんし現に世界にどんどん追い抜かされている現状です。

少し脱線しましたが、

テクノロジーの波に乗っていないと、
AIがやったほうが効率が良い仕事をやっていたりすると、
そのうち、AIの仕事がとってかわられたりしますから、

そういう時代を読む上でも
テクノロジーを追いかけるというのは必須だと思いましょう。

 

これからの「時流」の乗れる4つのビジネスモデルとは?

さて、
時流を抑えたら今度は、
テクノロジー以外で時流に乗れるビジネスモデルというものをお伝えします。

それが、こちらです。


この4つのビジネスモデルであれば時流に乗り、
お金を稼げるということです。

また、もし今やっているビジネスに
これらのビジネスモデルが取り入れられていないのであれば取り込めばいいのです。
コストをかけずに単純に売り上げだけが伸びます。


では、具体的にどういうものか?
1つずつ解説していきましょう。

❶シェアリングビジネス


このシェアリングビジネスでぱっとイメージしやすいのはAirbnbでしょう。
Airbnbは、自分の家を貸し出してシェアすることで収益を出すビジネスです。

他にも車をシェアできるエニカや月額で服をシェア出来るエアークローゼットのようなサービスもあります。

ちなみに、、、
僕も2年ほど前に
5件ほどAirbnbで運用して稼いでいた時期があります。

中でも、東京に事務所兼家を借りていたのですが、
大阪にいたり、海外にいる時はその東京の家を貸し出していまして、

何もしなくても稼働率95%ぐらい埋まるぐらい需要があり、
その1件だけで年間28000ドル(300万円以上)を売上ていました。

(Airbnbをの場合、ドルでも収入が得られるので外貨も稼げて一石四鳥でぐらいでした)

ただ、今の日本の政治は世界の時流とは逆行していまして、
若干、地域によって法律は違うのですが180日ルールなど規制が厳しくなり
従来のやり方ではAirbnbを継続出来なくなり撤収しました。

まあ、規制でライバルが激減したので逆に規制の抜け道や、
規制が緩い地域などで展開すればチャンスはあるとは思いますし、
海外であればもっと規制が緩いのでチャンスはあるでしょう。

また、Airbnbは撤退したけど、
スペースマーケット(←このリンクから登録すると2000ポイント貰えるようです)
という形でスペースのシェアであれば規制にひっかからないので、
シフトチェンジした人もいましたね。

とはいえ、、、

ここで言いたいことは、
別にAirbnbやスペースマーケットをやりましょうとかではなく、
「シェアリングビジネス」という発想が時流に乗れるということです。

自分の所有しているものをみんなで分かち合うことに価値があり、
そういうビジネスの発想を取り入れるだけでAirbnbだけでなく、
色んなビジネスにも応用できます。

他の例を出すと、
僕の場合は、一時期、被リンクシステムなどをシェアしていました。
(当時は被リンクを送れば送るほど自分のサイトが検索上位に上がりやすかったため)

複数の強力なドメインパワーのあるワードプレスサイトを用意して
最低限のルールを設けてみんなが自由にそこのサイトからリンクを送れるようにしたのです。

細かい話は長くなるので割愛しますが、
みんなでシェアすることでみんなが被リンクの恩恵を受けれたのです。

ただ、1万人を超す人達が使って管理が追い付かなくなり、
途中で閉鎖しましたが、これもシェアリングビジネスの発想でしょう。

他には、

もし、
あなたが何かしら店舗経営されているのであれば、
お店の休みの日や営業時間外に誰かにシェア出来ないかな?とか、
そういう空いている時間と空間をシェア出来れば新しいコストもかけず売上も伸ばしやすいでしょう。

他には、

もし、
あなたが数万以上のアクセスがあるサイトを運営しているなら、
ヘッダーやサイドバーの空いているスペースをシェアしてみようとか、

ツイッターでフォロワー数が多ければ、
ツイッターのヘッダースペースをシェアしたりすれば、
月額固定費で収入が入るかもしれません。

MOTO
今あなたの持っているものを何かシェア出来るものはないか?という発想を持つといいでしょう。

 

❷情報コンテンツビジネス

次に、情報コンテンツビジネスというのは、
めっちゃ簡単に言えば、有益な情報や体験を売るビジネスです。


❶ブログ・YOUTUBE・ツイッターなど何かしらの媒体で情報を発信して集客
❷集客できるようになれば、より教育もしくは共感してもらう有料級コンテンツを配信
❸その教育、共感してくれた人達に更に有料なコンテンツ(情報や体験)を販売


この順番が大事です。

ちなみに時間のかけ方は、
❶に70% ❷20% ❸10%ぐらいのイメージです。
どうしても最初の集客では信頼を獲得する必要があり時間がかかります。

ちなみに、有益な情報というのは、
あなたの強みであればなんでもいいです。

人間の欲求コンテンツ(お金系、投資系、仕事系、恋愛系、性欲系、健康系、悩み系)などのほうが集客しやすいし売れやすいというのはありますが、

別にそれらでなくてもちょっとでもニーズがあればビジネスとして成立させることは可能です。

そして、
情報コンテンツとして有料NOTEなどで販売してもいいでしょうし、
コンサルティングやコーチングサービスを販売してもいいでしょうし、
セミナーや勉強会、オンラインサロンなど何かしらの企画を販売することも可能です。

で、、、

まず僕の事例をお話ししますと、
起業当初、まずは量産型のアフィリエイトで300個以上ブログ作って10万円稼ぎ、
その稼いだ情報を無料でブログで公開していきました。

次に、有料級の無料レポートを配布したり、
音声などを配ってメルマガに誘導して
アフィリエイトの教育や世界観に共感してもらい、

その後、アフィリエイト教材を販売したという流れです。

知り合いの日本トップクラスのアフィリエイターの方々に助けて貰って
22800円の教材を2万本以上販売しました。
アフィリエイト教材としては日本一ぐらいのレベルで売れましたね。

(※知り合いと言っても色んなセミナーや懇親会、勉強会に参加しまくって少しずつ人脈を作ったので最初からあったわけではないです)

もし興味があれば、またもっと詳細をお話ししますが、
ちょっとそれを話すと長くなるのでここでは置いておきまして、

ようは、
有益な情報を上記の順番で発信していけばビジネスとして成立するのです。

もし、あなたが英語が得意なら、
英語の情報を発信すればいいでしょう。
ただ、今の時代、情報発信する人が増えてきてたので、
1つのカテゴリーで戦うには少し厳しかったりします。

だから、
英語が得意なのであれば、
英語×恋愛の情報発信するとか、

もし、
整体師なのであれば、
整体×性欲で情報発信するとか、

もし、
美容師なのであれば、
美容関連×投資で情報発信するとか、

もし、
ヨガセラピストなら
ヨガ×心理学で情報発信するとか、

何かしら別のジャンル(出来れば欲求の高いコンテンツ)と組み合わせることで、
独自性の高い有益な情報が発信できるようになりますし、
2つだけでなくとも、3個、4個の要素を組み合わせていくことが理想ではあります。

MOTO
あなたの過去の貴重な体験、悩んでたけど克服できたこと、成功談、失敗談、強みなどは全て情報コンテンツとして収益化出来る可能性があるんですよ!自分ではそれが有益と中々気づけないので見切り発車でもどんどん発信してみることが大事ですね。貴重な体験かどうかは発信しないことにはわからないですから。

 

❸コミュニティビジネス

次に、「コミュニティ」という要素は今やどのビジネスをする上でも必須の要素とも言えますが、
ここではあえて、「コミュニティビジネス」というものを提案したいと思います。

まあ、分かりやすいものを言えば、
今流行っている「ファンクラブ」とか「オンラインサロン」というのはまさにコミュニティビジネスですよね。

コミュニティビジネスのタイプとしては
大きく2種類の型があり、

❶ドラゴンボール・孫悟空型
❷ワンピース・ルフィー型

です。

ネーミングはわかりやすいように
ドラゴンボールとワンピースを使っていますw

ドラゴンボール型というのは、
1人のリーダー(カリスマ)がいてコミュニティメンバーがそれについていくコミュニティです。

ワンピース型というのはリーダーが「俺は海賊王になる」みたいな大きなビジョンを掲げて仲間と一緒に切磋琢磨しながら成長していくコミュニティです。

このどちらかです。

まあ、
ドラゴンボールとワンピースのハイブリッドコミュニティも考えられますが、
大きくはこの2つの型のコミュニティがあると理解するほうがわかりやすいでしょう。

そして、
それぞれコミュニティの運営方法が異なります。

 


ドラゴンボール型コミュニティの場合であれば、リーダーにカリスマ性はある程度必要ですが、まずはリーダー自身どんどん強くなり(学びや経験)そして、その学んだこと体験をどんどん教えていけばいいのです。

あまりにもカリスマ性だけが先行し過ぎて一歩間違えると新興宗教のようなものにもなってしまいますが。

ワンピース型コミュニティの場合であれば、リーダーはビジョンを掲げる必要があります。「みんなでこういうことがしたいんだな!」みたいなものですね。

そのビジョンの旗を掲げて、仲間を集めて、一緒に協力しながらゴールに進んでいくイメージです。

もちろん、リーダーが成長することは必須ですが、それ以外にも、旗を振り続けたり、仲間のサポートだったり、コミュニティがより良く循環していく流れを作っていくという意味合いが強くなります。


 

今の時代は、特にコミュニティという繋がりというものが求められているので、
どのビジネスでもコミュニティの要素は必要ですけどね。

で、
コミュニティビジネスが構築出来ると何が凄いかというと、
マーケティングが不要になります。

上手くコミュニティが回っていれば、
コミュニティ内でサービスやコンテンツを販売すれば売れるようになります。

僕の事例を話すと、
アフィリエイト、マーケティングスクールでコミュニティを作りました。

130名ほどいたスクール生を5人1グループの
ライバルと切磋琢磨出来る小コミュニティを作ったことで、
その中の1人が月100万円超えたら他の4人も全員月100万円を超えるということが起きました。

1人では中々続かないこともコミュニティの仲間と一緒であれば継続出来たりしますし、
更に誰かが成功するとそれが原動力になって上手くいった成功事例でしょう。

こういう価値あるコミュニティが作れたら、
そのコミュニティへの参加権利も当然売れますし、
そのコミュニティ内で何かそのコミュニティメンバーに役立つものであれば、
紹介すればみんな購入してくれるのです。

他の事例を出すと、

もし、あなたが整体師をやっているならば、
例えば週1回で整体、健康法の勉強会みたいなのを開催して患者さんを招待してもいいでしょう。

そこで患者さんとのコミュニティを作って患者さん同士も繋がり、
一緒に健康法を実践する仲間になれば、
その患者さんが他の整体に行くことはなくなるでしょうし、
その患者さんの知り合いを口コミで読んできてくれることが起きます。

もし、あなたが美容師であれば、
1人1人の顧客を大事にすることも大事ですが、
それだけでなく横の繋がり、コミュニティを作るのです。

例えば、顧客に「モテるファッション会」みたいなコミュニティを作って、
参加してくれる人達にはモテるヘアスタイル講座やファッション講座を開催したり、
男性顧客と女性顧客の出会いの場を提供してあげたり、
顧客同士の繋がりを作ってあげます。

もし、そういうコミュニティを作ってくれる美容院があればもう他に行けなくなるでしょう。

コミュニティビジネスが上手くいっているが限り、
自然とリピート率はかなり高くなるのです。

MOTO
今の時代、コミュニティという要素はどのビジネスでも必須要素です。今やっているあなたのビジネスであればどういうコミュニティを作ればお客さんが喜ぶか?仲間と一緒にどういうことをやっていきたいか?コミュニティがあればビジネスは長続きします。

 

❹マッチングビジネス


最後にマッチングビジネスです。
これは、サービスと人とを結び付けたり、人と人を結びつけたり、
マッチングさせることで収益を得るビジネスモデルです。

恋愛マッチングアプリのペアーズとかは、
彼氏彼女が欲しい男女をマッチングさせるアプリですし、

クラウドワークスは外注さんと雇い主をマッチングするサービスですし、

アフィリエイトもマッチングビジネスと言えるでしょう。

僕の事例で言えば、
昔はアフィリエイトをメインでビジネスをしていたので
アフィリエイトを教えることが多かったのですが、

マッチングビジネスと言わずアフィリエイトと言ってしまうと
アフィリエイトという概念だけに捉われてしまう人が多いので
マッチングビジネスというもっと大きな枠で話しています。

アフィリエイトの概念に捉われるというのは、
アフィリエイトをやるにはブログやサイトを作らなければいけない。
アドセンス広告を貼ったり、ASPの商品をアフィリエイトしなければいけない。
みたいにかなり狭い視点で考えてしまうようになるのです。

でも、
アフィリエイトもマッチングビジネスの中の1つと認識が持てると
もっと自由に発想が生まれます。

例えば、
僕がマレーシア移住した時に取得したロングステイビザ(MM2H)の記事ですが、
この場合であれば、僕が実際にMM2Hビザを取得した業者が丁寧だったので、
紹介して成約すれば報酬が貰えるように交渉しました。

とはいえ、
この記事経由であれば5000円OFFの特典もついているので、
これから取得したい人にとっても他のサイトや公式サイトから申し込むよりメリットがあるわけです。

これは、
ASPを通してのアフィリエイトではないですが、
直接交渉したマッチングビジネスでしょう。

別にASPを使わずとも自分が使ったサービスで良かったものがあれば
直接交渉すれば紹介手数料を貰うことは出来るでしょう。

そしてこれは、特に、高単価なサービスで良かったものほど、
こういう個人のマッチングビジネスには向いています。

他にはセブの英語留学とコラボしてもいいでしょうし、
何かのスクールやセミナーなど自分が実際に体験して良かったものであれば、
交渉すればだいたいOKが貰えます。

そうすると、
ライバルも圧倒的に少ないのしニッチな所なので、
地道に積み上げていくことでビジネスの1つの柱になるでしょう。

で、もうちょっとこのマッチングビジネスというものを
大きな枠で考えると、別にブログなど持っていなくてもビジネスとして成立させることは出来ます。

例えば、
セミナーや勉強会などで仲良くなってそこでその人達の悩みを聞いてあげて、
色々情報収集してその人の悩みが解決するサービスや人をマッチングさせてあげれば、
それだけもビジネスとして成立しますし、実際にそれで月1000万円以上売り上げている知人もいます。

MOTO
ただ、マッチングビジネスは、ネットワークビジネスにも成り得るのでもし自分がそこまでお勧めでもないものを紹介料だけで紹介したりするのはやめたほうがいいです。

それが良くないものであれば信用も失うし一度信用を失えば次は買ってくれません。ネットワークビジネス自体僕はそこまで関わったことはないのでわかりませんが、いいものを紹介された試しがないので、マッチングビジネスでもネットワークビジネスをやるなら慎重に選んだほうがいいでしょう。

ちなみに、、、

実は❺も存在しましてそれはプラットフォームビジネスです。これは時代性というよりもいつの時代もプラットフォームビジネスモデルは一番強力ですので目指したいビジネスモデルの1つではあります。

だいたい、土台がしっかりして息が長いビジネスはプラットフォームビジネスですし、Googleやフェイスブックもそうですし、アマゾン、楽天などのECや、ASPやアプリ、メルカリ、Airbnb、Uberとかだいたい有名な企業はプラットフォームを提供しています。

YOUTUBERは儲かりますが、それを提供しているYOUTUBEというプラットフォームのほうが遥かに儲かりますよね?ただし、個人がいきなりプラットフォームビジネスが作れるか?というとハードルも高いので今回は記述していません。

規模間は違いますが僕自身も今プラットフォームビジネスにチャレンジ中ということもあるのでまだ記述出来ないってこともあります。

 

お金を稼ぐ編・今の時代に稼ぎやすい4つのビジネスモデルまとめ

最後にまとめておきます。

まず、資産を増やす上ではお金の3原則を守る必要がある。

❶お金を稼ぐ
❷お金を守る
❸お金を運用する

この中で、
今回は「❶お金を稼ぐ」をお話してきました。

そして、お金を稼ぐと言ってもどう稼いでいるのか?が重要になり、

・E(従業員、サラリーマン)
・S(自営業・労働を売っている)
・B(ビジネスオーナー)
・I(投資家)

という4つに分かれて、
もし、今、E、SであればB、Iからの収入を増やしていくことが必須です。

じゃあ、どうやってビジネスで稼ぐのか?

というと、
時流に乗ること(テクノロジーを追いかける)と、
時流にあった4つのビジネスモデルを取り入れることが必要です。

❶シェアリングビジネス
❷情報コンテンツビジネス
❸コミュニティビジネス
❹マッチングビジネス

それぞれ4つのビジネスモデルの事例を挙げてきました。

どうでしょうか??

まずはここを抑えておけば大きくビジネスの道を外すことはないんじゃないかと思いますし、
この4つのビジネスモデルを取り入れると今後オワコンなビジネスをやっていたとしても挽回することも可能なんじゃないかと思います。

ただ、それぞれのビジネスモデルを更に分解していくと色々話せますがあまりにも長くなるので、
今回は、最低限抑えておくべき「今の時代にあったビジネスモデル」をお伝えしました。

もし、質問などで聞きたいことなどあれば、
僕のツイッターのDMで聞いてください。

または、GM-STEPLYISMという僕のビジネスサイトを参考にしてください。

次回は、
お金の三原則の【お金の運用編】を記述していこうと思います。

有難うございました!
ではでは。

MOTO

 

MOTO

現在、WEBマーケティング、ボルダリングジムなど4社経営しながら、株、ETF、フィリピン不動産、ビットコインなどの仮想通貨、映画事業への投資など様々な分散投資をしながら長期的な視点で資産を構築している。
プロフィールの詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

現在、WEBマーケティング、ボルダリングジムなど4社経営しながら、株、ETF、フィリピン不動産、ビットコインなどの仮想通貨、映画事業への投資など様々な分散投資をしながら長期的な視点で資産を構築している。 プロフィールの詳細はこちら