【簡単】タイムバンクの審査方法、スコア算出基準とは?申請までの流れを実際にやりながら解説!

どうも、三村です。

今回は、タイムバンクで自分の時間を発行する方法について
解説していきたいと思います!

  • 何を基準に審査してるの?
  • 審査申請ってどんな流れでやるの?
 

このあたりについて詳しくお伝えしていきますので、
これから時間発行者になりたいという方はぜひ参考にしてみてください。

んじゃいってみよう!

 

タイムバンクの審査基準、審査方法とは?


タイムバンクは、人の時間を売買するだけなら
アプリさえダウンロードしてログインすれば誰でもできます。

でも、時間発行者側としてタイムバンクに登録してもらうためには
審査に通らなければいけないんですねー。

まあ株式でいうところのIPO審査みたいなもんです。

 

じゃあどうやって審査されるの?ていうところですが、

具体的に言うとSNSアカウントやYoutubeアカウントと連携させて、
フォロアー数や専門性などをもとに「影響力スコア」なるものを算出してもらいます。

 

そこでのスコアが、
  • 30歳以下なら、影響力スコア54以上
  • 31歳以上なら、影響力スコア57以上
 

これが第一次審査の合格ライン。

ここで合格できた人だけが、名前やプロフィールを入力して
さらに申請して第二次審査に進めるいう流れです。

ちなみに、第二審査では人間の目視ががっつり入るみたいですね。

 

すべての審査に合格すれば、晴れてあなたも時間発行者。

専門家として自分の時間を売りに出せます。

 

SNS全然使ってない奴がタイムバンクの審査を受けるとこうなる

とはいえ、スコア審査なら誰にでも受ける権利はあるわけで。

三村
じゃあ一回僕でやってみましょう。

申請の流れもイメージとして掴んでいただけると思うので!

ちなみにスコア審査は1分もかかりません。

めっちゃ早いし簡単です。

 

まずタイムバンク公式サイトの中段くらいにある
「時間発行を申請する」に進みます。


 

次に、スコアを算出してもらいます。

30歳以下かそれ以上かを選択し、
Facebook、Twitter、Youtube、Instagramの4つの中から診断してみてください。


 

ちなみにスコアは後で4つともジョイントできるのでどれを選んでもOKです。

メインで使ってるのがあればそれだけでクリアできるかもなのでそれを選んでください。

 

ここではとりあえずFacebookでやってみます。


18でしたw

ちなみに僕はFacebookには登録してますが投稿とか全然してません。

それレベルの人のスコアは目安としてだいたいこれくらいと思ってください。

 

57にまったく届いてないので、Twitterも追加連携してみます。


おおうっ!?

31まで上がった!

ちなみにTwitterも見てはいますが自分で呟いたりは一切してません。

 

とはいえ、合格にはまだまだ全然程遠い。

残りの2つも追加連携してフルパワーだ!!

 


まったく届かず。

 

そりゃそうだ!だって全然使ってないんだもの!!

やっぱりSNSちゃんとやってないとまず無理です。通りません。

いや、わかってはいましたけど。
影響力スコア34て。

こうやって数値化されるとちょっとへこみますね。

・・・

今回のことでちょっと頑張ってSNS使ってみよって思いましたw

三村
でも僕でこれなので、ちょっとしたユーチューバーとか普段からSNSとかバリバリ使ってる人なら普通に57以上出ると思いますよ。

第二審査が通るかどうかは別ですけど。

でもこうやって自分の影響力が可視化されるって面白いので、
申請しなくてもスコア診断だけでもぜひやってみてはいかがでしょうか?

メタップス佐藤航陽社長が語る、タイムバンクの審査基準


上の図は公式サイトにあるスコア算出の参考ですが、
メディアでもメタップス社の佐藤社長がお話されてました。

こちらです。

▼LivePicks「厚切りX」の動画


再生で審査基準について話されている13:17に飛びます↑

以下、文字に起こしてみました。

 

佐々木さん
どういう風に審査されるのですか?

佐藤さん
いちおうTwitterとFacebookと、あとまあYoutubeですかね。

でInstagramも用意してますけども、そこのまあフォロワー数とか。

ちょっとアルゴリズムは公開できないんですけども、リテンションというか、ちゃんとファンやフォロワーとコミュニケーション取ってるかっていうのを色々見ながらスコアを出してます。

そのスコアが偏差値の概念で、57以上がいちおう一次審査って形になってる。

ただ二次審査も「目」でやってるので、結構膨大に(時間が)かかりますね。

引用:https://www.houdoukyoku.jp/posts/16313

佐々木さん
なんでスコアの境目が「57」なのですか?

佐藤さん
たぶん、これぐらいくだろうなっていう想定と、あと私たちのキャパシティの問題ですね。

自動的に審査が通るっていうよりかは、一人ひとり見て、本当に信頼できるかっていうのを含めてわたし達で協議をします。

そのコストと時間っていうのが結構かかるので、うちのキャパシティ的にこれくらいが限界だなっていう設定してます。

最終的にはほんとに50とか、45とかでも使えるようにしたいなと思ってます。

タイムバンクの審査は誰でも受けられる!

現状では時間発行者として登録してもらうには
それなりにハードルが高めなタイムバンクですが、

申請だけなら誰でも簡単にできるので、
興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

普通にスコア診断だけでも面白いですよ^^

Timebank公式

 

メタップスの佐藤社長も動画のなかで
今後はもっと合格ラインを下げていくという話をしてましたが、

参入ハードルが下がれば、今よりもさらに個人が簡単に
自分の専門性や時間を価値として交換できる世界がくると思います。

 

こうなると本当に、一つの企業に所属して収入を得るような
今のサラリーマンスタイルってどんどん珍しくなっていくでしょうね。

そういった組織に属さなくても、専門性や特技や情熱さえあれば
必要としてくれる人と直接つながれるわけですから。

まさに「個人が主役の経済」もそう遠くないかもしれません!

おまけ特典 ~タイムバンク福引券がもれなく当たる!~

三村
[2yi71c]

↑アプリからこちらの招待コード入力で「福引券5枚」もれなくプレゼント!

(※福引券:専門家の中から1名の時間(既存の販売時間)が10秒抽選で当たる機能)

招待コード入力手順

管理画面から、
  1. →画面左上にあるその他設定
  2. →招待コードで特典ゲット
  3. →招待コードに[2yi71c]入力でOK

三村
入力が完了すれば「ボックス」から確認できます。

良かったら使ってください~
三村佳輔

現在ウェブマーケティング会社を経営しながら、ビジネスと投資の2本立てで中長期視点での資産構築を目指す。海外金融商品の複利パワーを活用しながらさまざまな投資を組み合わせ実践中。プロフィールの詳細はこちら