REIT(リート)で稼ぐための利回りと分配金を5つのステップで解説!

この記事ではREIT(リート)で稼げるようになるために重要な分配金や利回りについての情報を紹介します。

1歩ずつ理解して実際に取り組んでいくことで、安定した利益を得ることができる投資方法を身に着けることができます。

REIT(リート)の利回り・分配金を学ぶ 5ステップ

REIT(リート)の利回りと分配金を学ぶための5つのステップです。
まずは全体の流れをざっくりつかんでください。

REIT(リート)で稼げるようになるためにはこのステップを順番に進めながら学習と実践を繰り返すのがおすすめです。
それぞれのステップについて1つずつ順番に解説していきます。

Step.1 REIT(リート)で稼ぐ2つの方法を知ろう!

それでは早速各ステップを解説していきます。
まずは基本としてREIT(リート)で稼ぐ方法から学びましょう。

REIT(リート)で稼ぐためには2つの方法があります。
売買した金額の差で稼ぐキャピタルゲインと、定期的に得ることができる分配金で稼ぐインカムゲインです。

キャピタルゲイン(売却)で稼ぐ

REIT(リート)を売り買いすることで稼ぐ利益のことをキャピタルゲインと呼びます。
当然ですが、買った時と売った時の価格の差がが大きければ利益がその分大きくなります。

安く買って、高く売ることがキャピタルゲインの基本です。
言葉でいうと簡単そうですよね?


チャートだけを見て売買するのはNGです!

チャートを見てなんとなく上がりそう、下がりそうだからという理由で取引するのはおすすめしません。

上のチャートだけを見て未来の価格って完璧には予測できませんよね?

チャートを分析して未来の予測をする色々な手法はありますが、チャートだけを見て上か下かの判断するのは、ルーレットで赤か黒かを選ぶギャンブルに近いものがあります。

REIT(リート)は不動産からの賃料で収益を稼ぐビジネスであるため、短期間で大きく収益が変わるということがありません。

経済自体がデフレである日本の不動産によるJ-REITはその中でも特に価格が大きく変動するということがないため、J-REITで売買益であるキャピタルゲインを狙うにはあまり向かない商品といえます。

それでも小額からでもいいからキャピタルゲインを狙って稼ぎたいんだ!という気持ちが強いなら、J-REIT以外の商品を選択したほうがいいですね。

例えば今であれば仮想通貨は小額から投資してみると面白いと思いますよ。

仮想通貨ってなに?という人はFALIのこちらの記事を読んでサクッと理解しちゃってください!
永久保存版!仮想通貨ってなに?書籍10冊の重要部分をギュギュっと凝縮!この記事だけで丸わかり!

インカムゲイン(分配金)で稼ぐ

REIT(リート)を決まった時に持っておくだけでで、分配金という収益を得ることができます。
この分配金のように定期的に入ってくる収益のことはインカムゲインと呼ばれています。

REIT(リート)の分配金は、年に2回支払われるものがほとんど。
まるでサラリーマンのボーナスみたいなものですね!

J-REITの現在の平均利回りは3~4%前後といわれていて、この高い利回りがREIT(リート)の最大の魅力の1つです。

銀行に預けておいたらもらえる日本の普通預金の現在の利子は約0.001%。銀行だと100万円預けてもたったの10円しか増えないんですよ!

単純に利回りだけでREIT(リート)と普通預金を比較すると3000倍もの差があることになりますね。

ペンシルベニア大学の金融学教授であるジェレミーシーゲル氏はその著書の中でキャピタルゲインよりも、長期投資によるインカムゲインの重要性について語っています。

それを証明するように多くの資産家と言われる人は短期的にキャピタルゲインだけで短期的に稼いでいるのではなく、必ずインカムゲインで長期で安定的に稼いでいます。

インカムゲインは短期間に派手に儲かるものではありませんが、着実に資産を増やすことのできる長期投資向きの方法といえます。

REIT(リート)は、短期的なインカムゲインの売買益ではなく、安定した分配金の高い利回りを目的に投資していくのがおすすめの稼ぎ方です。

REIT(リート)の2つの稼ぎ方、そしてその中でもインカムゲインの重要性を感じてもらえたら、次のステップに進みましょう!!

Step.2 REIT(リート)の分配金をマスターしよう!

このステップではREIT(リート)の分配金についてより詳しく解説していきます。

分配金を知る意味


分配金のことを知る必要なんてある?と思ったりしてますか?

例えば持っているREIT(リート)を少し工夫することで、給料のように毎月安定した収益を上げることも可能です。

これは分配金がどのように支払われるかを少し知っているだけで簡単に実現できちゃうんです。

しっかりと分配金の仕組みを知って効率的に収益をあげられるようになりましょう。

きっとあなたも分配金はできるだけ多くもらいたいですよね?

だからといって分配金が高利回りのREIT(リート)だけを狙っていると思わぬ損をしてしまうことがあります。

高利回り=最高のREIT(リート)というわけではないので、損する前にしっかり知識をつけて損益を回避しましょう。

分配金はいつもらえる?

分配金をもらうためには、銘柄ごとに決められた権利確定日までにそのREIT(リート)を買って持っておくことが必要になります。

銘柄ごとに権利確定日は違いますが、月末の4営業日前が権利日確定日であることがほとんどです。

たとえば2017年7月だと7月26日(水)が権利確定日ということになります。

分配金の受け取り方法

分配金の受け取り方法は証券会社によって異なりますが、大きく分けて下記の2つです。

分配金領収証で交換
分配金領収証が送られてくるので、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口でお金と交換します。

窓口まで行かないといけなかったり、運転免許証などの本人確認書類が必要で、ちょっとめんどうですよね?

この手間がかかるため次の口座振り込みが使われることがほとんどです。

口座へ振込
口座を指定しておくと、分配金が口座へ振り込まれる形で分配金を受け取ります。

分配金をそのまま金融商品に再投資するできるのでおすすめです。

分配金を証券口座で受け取るのではなく、別の口座を指定して受け取るということも可能です。

REITのインカムゲインはおすすめなの?

インカムゲインを得られる金融商品はREIT(リート)だけではありません。

有名なところだと債権の利子収入や株の配当金がありますが、SBI証券のページでREIT(リート)とインカムゲインの利回りが比較されています。

株(株式加重平均利回り)1.80%
国債 (新発10年国債利回り)0.53%
REIT (加重平均予想分配金利回り)3.44%

https://site2.sbisec.co.jp

他の金融商品と比べても利回りが高いというのはREIT(リート)の最大のメリットといえますね。

REIT(リート)の分配金が高利回りな理由

このREIT(リート)の最大のメリットである分配金の利回りが高さには理由があります。

実はREIT(リート)を運営している不動産投資法人は、不動で稼いだ収益の9割を投資家へ分配することで、法人税が課税されないという特典があります。

たくさん分配金を払うことで、税金がかからなくなるというわけなので、投資家にとっても不動産投資法人にとってもメリットがありますよね!

このためREIT(リート)の分配金の利回りが高くなるというわけなのです。

分配金とリスクの関係

分配金は高ければ高いほど、その分リスクが高くなっていると考えるべきです。

分配金の利回りが高いのが魅力のREIT(リート)ですが、分配金が高すぎるもの、特にREIT(リート)の投資信託は注意が必要です。

REIT(リート)の投資信託は、実はREIT(リート)が組み合わされて運用されているのですが、高い分配金を出して資金を集めるために、REIT(リート)の分配金をはるかに超える分配金になっていることがあります。

このようなREIT(リート)投資信託は分配金が高いかわりに、基準価格がだんだんと下落していきます。

分配金だけ見ると赤字なので、投資家から集めた資金を分配金として少しずつ再分配していることになるのです。

投資家はこれに加えてさらに信託報酬を払う必要があるため、長期投資として長期間保有するのにREIT(リート)の投資信託はおすすめできません。

REIT(リート)だけに限った話ではありませんが、単純に高すぎる利回りはリスクもセットになっていると考えるようにしましょう!

Step.3 REIT(リート)の売買を実践しよう!

REIT(リート)の分配金を理解したら、実際にREIT(リート)の売買にチャレンジしましょう。

なぜREIT(リート)の売買をしないといけないの?

投資はまず取り組むことが何よりも重要です!

知識だけ身に着けても、実践しなければあなたのお金が増えることはありません。

実際にやってみないとわからないこともたくさんあるし、いろんな失敗もすることから学べることも多いです。

ですのでいきなり大金を投入するのではなく、なくなっても気にならないくらいの小額から少しずつ投資にチャレンジしてみてください。

REIT(リート)を買うことであなた自身の投資スキルもレベルアップしていくわけです。

実際のREIT(リート)の取引方法は?

具体的なREIT(リート)の取引方法については、こちらの記事でドラクエ風に解説してみました。

ドラクエ大好きな人はもちろん、基本的なところから紹介していますのでREIT(リート)をはじめて買う方はぜひチェックしてみてください!

【ドラクエで解説してみた!】REIT(リート)の種類から買い方まで冒険してみよう!

おすすめの買い方は?

ここで少しだけREIT(リート)の簡単にできるおすすめの買い方をご紹介します。

ただ投資に絶対儲かる方法というものはないので、投資は自己責任でお願いします。

価格が下がる時を狙う!

REIT(リート)の価格が下がる時は、自分も損してしまうのが嫌なので買うのは怖いですよね?

でも価格が下がる理由さえわかっていれば、バーゲンセールに見えてしまうかもしれませんよ?

分配金権利確定日前後
REIT(リート)では、分配金の権利確定前に価格が上昇し、権利確定日直後に価格が下がります。

みんな分配金が欲しいから権利確定前に買って、分配金の権利が確定したら売るというわけです。

長期的にREIT(リート)を買って保有するのであれば、この権利確定直後に下がったところが一つの買い時といえます。

暴落時
リーマンショックだったり、トランプ大統領がアメリカ大統領になったり、日々いろんな政治や経済のニュースが流れますよね?

本来REIT(リート)には直接影響しないニュースであっても、ニュースに影響されてREIT(リート)の価格が大きく下がることがあります。

本来関係ないニュースなので、大きく下がった価格はその後また上昇して元の価格に戻っていくことになります。

REIT(リート)の長期投資をするのであればこの大きく下がるタイミングは絶好の買いのタイミングといえますよね。

そう考えると日々のニュースの見方がちょっと変わってきませんか?

分散投資のすすめ

投資の世界では昔から卵を1つのかごに盛るなという名言があります。

卵を1つのかごに全部いれるのではなく、複数のかごにわけることで一度の失敗で全部の卵が割れてしまうことを防ぐという考え方です。

ここではREIT(リート)の中で分散投資する方法をご紹介します。

種類を分散する
REIT(リート)にもホテル型、総合型などタイプがいくつかあります。

それぞれ特徴がありますが、1つのREIT(リート)の種類だけを持つのではなく、複数の種類を持つことで分配金で安定した収益を得ることができるようになります。

分配金がもらえる時期を分散する
REIT(リート)で分配金がもらえる時期は年に2回のものがほとんどです。(REIT(リート)の投資信託などは毎月分配型もありますがここでは除外します。)

1月と7月、2月と8月、…、6月と12月と分配金がもらえる時期で分けると6種類のREIT(リート)があります。

6種類のREIT(リート)を全部持っておけば、毎月分配金をもらうということもできてしまうわけです。簡単ですがこのような分散投資の方法もあります。

買うタイミングを分散する
REIT(リート)を購入する場合は、一度に買うのではなく、買うタイミングを分散するようにしてみましょう。

明日世界を揺るがすニュースがあって明日REIT(リート)の価格は急落してしまうかもしれません。

そんな時でも買うタイミングさえ分散されていれば、購入価格を低く抑えることができるわけです。

一定のタイミングと一定の購入額で定期的に投資していく方法は、ドルコスト平均法と言われており、簡単に分散投資を行う方法として昔から知られています。

資金をたくさん投入したい気持ちを我慢しながら、少しずつ買っていく癖をつけましょう。

Step.4 不動産についても調べてみよう

REIT(リート)の分配金の収入源は不動産です。

REIT(リート)を買うことで私たちは間接的に不動産投資を行っていることになります。

せっかくなのでこのステップで不動産投資に関する知識も身に着けてしまいましょう。

注意:Step3まででREIT(リート)の利回り、分配金は大丈夫

Step3までの内容で、基本的にREIT(リート)の利回りや分配金についての基本的な知識は身につきます。

さらにより深くREIT(リート)を理解するためにはある程度不動産投資の知識も必要になってきます。

せっかくなので不動産投資も学んでチャレンジしていきましょう!

REIT(リート)投資法人のサイトをチェック

REIT(リート)の情報は、取引ができる証券会社のページから得られる情報が全てではありません。

そのREIT(リート)を運営しているREIT(リート)投資法人のサイトをぜひチェックしてみましょう。

ほとんどの投資法人ではREIT(リート)の収支報告書を公開しています。
その内容を調べることで、健全な経営が行われているのか?どのような不動産に投資しているのか?今の価格はお買得なのか?といった情報を読み取ることができるようになります。

この収支報告書の読み方にはちょっとしたコツが必要なので、次回のREIT(リート)記事で紹介しようと思います!

不動産投資にもチャレンジ可能

REIT(リート)で不動産の知識がついたらぜひ不動産投資にもチャレンジしてみましょう。

サラリーマンこそ不動産投資すべき!
不動産投資はお金持ちだけがする投資というイメージがあると思いますが、実はサラリーマンこそ不動産投資に向いているのです。

不動産投資ではほとんど銀行からお金を借りて物件を買うことになるのですが、銀行にとって毎月安定した収入があるサラリーマンは安心してお金を貸せる存在なのです。

自宅を購入して住宅ローンがあるからもう不動産投資はできないと思っていませんか?

私も昔勘違いしていたのですが、不動産投資では住宅ローンが残っていてもお金を借りることができるのです。

サラリーマンはマイホームを買ったらもう不動産とは関係ないというのは思い込みです。

不動産投資も投資の一部と考えて資産形成の一部に組み込むこともできます。

日本とは別世界の海外不動産の魅力!
これからの世の中で特に私が着目しているのが海外不動産です。

これから日本は人口も減って行き、住宅も余っていってしまうことが予測されています。

そんな日本の中で、REIT(リート)や国内不動産だけで戦っていくのはリスクが高いと思いませんか?

一方でまさに今経済発展の真っ只中にいる発展途上国や、インフレによって不動産の価格がどんどんあがっていく国があります。

もしそんな国に投資するチャンスがあったとしたら…あなたの資産も増えていくと思いませんか?

ただ、実際に何をしたらよいかもよくわからないし、何より海外なのでやっぱり怖いですよね?

そこで今後私が実際に不動産を購入し、日本にいたらわからない海外不動産の魅力や情報をどんどん紹介していこうと思います。

そこから少しでも海外不動産の情報を吸収していってください。

Step.5 REIT(リート)の投資を継続しよう!

それではこれまでのステップを振り返りましょう。

1~4のステップで実践しながらREIT(リート)や不動産の知識を深めていきます。

一番重要なのはこの学習と投資の実践を継続していくことです。

どうしてもREIT(リート)の最大の魅力であるインカムゲインを最大限に活かすためには、長期的な投資が必要になります。

長期的な投資を実践しながら、REIT(リート)や不動産の知識を学ぶことを繰り返すことで、高確率で安定した収益を得ることができるようになります。

最初はわからないことが多いかもしれませんが、少しずつでもREIT(リート)の学習と実践を続けていきましょう!

某家電メーカーに勤めながら資産構築を実践するサラリーマン投資家。
株やFX、ビットコインなどの仮想通貨、そして海外不動産投資を体験しながら長期的な資産形成を実践中。プロフィールの詳細はこちら