楽ラップの運用実績を見て決めようと思っていませんか?ロボアドバイザーを選ぶ際に重要な2つのポイント

The following two tabs change content below.
石田博之

石田博之

某物流会社に勤務しながら、株、ETF、REITから仮想通貨、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングなど最新の資産運用などにも積極的に分散投資を行いながら、長期的な視点で着実に資産構築している。 プロフィールの詳細はこちら

石田
こんにちは、ロボアドバイザー5社(楽ラップ、WealthNavi、THEO、投信工房、マネラップ)で運用、比較している石田です。

楽ラップで資産構築を考えているけど、

 

「楽ラップってぶっちゃけどれくらい儲かるの?」

 

って運用実績が気になりますよね。

今回は楽ラップの運用実績や、ロボアドバイザーを選ぶ際の重要な2つのポイントについて紹介します。

 

とりあえず10万円入れて放置していた楽ラップの運用実績


2017/09 2017/10 2017/11 2017/12 2018/01
楽ラップ資産合計 103,263 105,314 106,096 107,289 108,000
 保有商品の評価額合計 100,282 102,394 103,236 104,491 105,265
   国内株式 21,757 22,943 23,284 23,640 23,887
   外国株式 33,955 34,885 35,241 36,023 37,080
   国内債券 4,094 4,094 4,104 4,106 4,098
   外国債券 34,370 34,417 34,412 34,460 34,020
   REIT(リート) 6,106 6,055 6,195 6,262 6,180
   その他 0 0 0 0 0
 預り金合計 2,981 2,920 2,860 2,798 2,735
   現金等 2,981 2,920 2,860 2,798 2,735
 

2017年5月に10万円入れて、約7か月間まったく何もせず放置しているだけで、プラス8,000円です。

銀行では考えられない利回りですね。

私がロボアドバイザー5社で運用している利回りがこちら

 
利回り
8%
7.7%
3.57%
1.3%
5%
 

私が運用してるロボアドアドバイザー5社でも楽ラップが一番利回りがいいです。

 

これだけを見れば、

 

「ロボアドバイザーを選ぶんなら楽ラップでいいんじゃね」

 

となりますが、運用実績は人それぞれリスクの取り方、投資資金、運用期間、運用開始時期などが違うため、あまり参考になりません。

私が運用しているロボアドバイザーもリスクの取り方はほとんど同じですが、投資資金や運用期間も違います。

例えば、私は楽ラップが一番利回りがいいですが、Twitterで楽ラップを運用している人を拾ってみると

 

  • wealthnavi(ウェルスナビ)
  • THEO
  • 楽ラップ
の3社で比較して、楽ラップの実績が一番下だったり、

 


マイナスになっている人もいます。

このように運用実績は人それぞれ。

ただ単純に、ネットで誰かの楽ラップの運用実績を見て、

 

「楽ラップの実績がいいのでやってみよう」

 

と考えてはいけません。

ロボアドバイザーはまだ始まったばかりのサービスで、どのロボアドバイザーも実績が浅いです。

運用実績で選ぶよりも、もっと重要な2つのポイントがあります。

 

【ロボアドの選び方】運用実績よりも重要な2つのポイントとは?



ロボアドバイザーを選ぶ際に、運用実績よりも重要なポイントは

 
  1. 手数料
  2. 性能
 

この2つです。

ポイント1 手数料

手数料はロボアドバイザー各社で違いがあります。

 

たった数パーセントの差が、長期で運用するロボアドバイザーでは将来的には大きな差が出るので手数料は重要なポイントです。

 

私が運用しているロボアドバイザー5社の手数料がこちら

 
手数料
0.38%
1.0%
3000万円以上は0.5%
1.0%
3000万円以上は0.5%
1.0%前後
0.990%
 

楽ラップは他社のロボアドバイザーと比べると良心的ですが、投信工房の手数料がダントツで安いですし、

wealthnavi(ウェルスナビ)は長期で続けるほど手数料が安くなる長期割(最大0.90%割引)があります。


 

例えば100万円を10年間楽ラップと投信工房で運用したとします。

投信工房

100万円×0.38%=3,800円

3800円×10年間=38,000円

楽ラップ

100万円×0.90%=9000円

9000円×10年間=90,000円


石田

90,000円-38,000円=52,000円

この差はデカいと思いませんか?

この手数料は利益が出ようが出まいが、必ず引かれます。

運用資金が大きくなるほど、長期で運用するほどこの差は大きくなります。


【評価報告】投信工房の絶対に知っておくべきデメリット&それを軽く上回る6つのメリット!

2018.01.29

ポイント2 性能

楽ラップには他社にはない下落ショック軽減機能(TVT機能)が売りのようですが、この機能はちょっと微妙です。

後で詳しく解説しますが、

 

性能面で言えば、wealthnavi(ウェルスナビ)が最強です。

 

wealthnavi(ウェルスナビ)は特許を取得している凄い機能が2つあります。

 
  1. 自動税金最適化(DeTAX)機能
  2. リバランス機能付き追加投資
 

特に自動税金最適化(DeTAX)機能は、本来は支払わなければならない税金を自動的に節税するシステムです。

これが機能すれば手数料を軽減できます。

他にも売買のスピードや管理画面の見やすさなど、ロボアドバイザー専門業者だけあって性能はピカイチです。

2018年4月現在、預かり資産、利用者数ともにwealthnavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーNo.1です。

【比較】ウェルスナビとTHEOで迷っていませんか?決定的な違いを徹底解説

2017.11.09

楽ラップにしかない特別な機能

引用元:https://wrap.rakuten-sec.co.jp/

 

楽ラップにしかない特別な機能が下落ショック軽減機能(TVT機能)です(付ける付けないは選べます)。

株式市場の価格変動リスクが高まった際に、株式への投資割合を減らし、債券比率を高くすることで、株価下落による損失リスクを抑える機能です。この機能により、株式市場の急激な下落による損失を緩和することが期待できますが、必ずしも完全に回避できるものではありません。株価の動向によっては、その効果を発揮できない場合もあります。
また、株式市場が上昇に転じた場合は、株式への投資割合を維持した場合に比べてリターンが抑制されます。

 引用元:https://wrap.rakuten-sec.co.jp/

楽ラップのホームページにはこのように書いていますが、楽ラップのサービスが始まってから一度もショックレベルの暴落はないので、この機能がどれくらい効果があるのか未定です。

はたして、この下落ショック軽減機能(TVT機能)が、リーマンショックのような株価の急落に対応できるのか疑問ですし、仮にもし、対応できたとしても株価が回復した時に儲けが減ってしまいます。

 

「この下落ショック軽減機能(TVT機能)いるの?」

 

って思いませんか?

長期的に資産構築をする中で、株価の暴落はかなりツラい事ですが、暴落こそチャンスです。

株価が暴落したときにしっかりリバランスをしたり、追加投資をすることで景気が回復したときに大きなリターンを得ることができます。

下の図は、リーマンショック後の日経平均株価ですが、2018年2月現在は3倍以上値上がりしています。


楽ラップの下落ショック軽減機能(TVT機能)を付けていれば、このリターンを取りこぼします。

株価の暴落はいつ起こってもおかしくありません。

ですが長期的な視点で考えれば、チャンスでしかありません。

若い人は時間を味方にできるので、今すぐにでも資産運用を始めてほしいです。

石田
もちろん私は下落ショック軽減機能(TVT機能)はつけていません。

 

ふざけてんの?楽ラップの無料診断

引用元:https://wrap.rakuten-sec.co.jp/

楽ラップの無料診断はちょっと変わっています。

投資とは一見まったく関係ない質問で、

 

「楽ラップはふざけてんの?」

 

と疑うような質問ばかり




おそらく直感で答えたほうがいいと思うので全部は紹介しませんが、こんな質問ばっかりです。

 

こんな質問で何がわかるんだ

 

と思っていましたが、私は国内のロボアドバイザー全社で無料診断しましたが、楽ラップも他社と同じような診断結果でした。

ちゃんと人間の心理を考えて作っているんですね。

よくよく考えてみると、

「他のロボアドバイザーの質問の方がおかしいな」

と思いました。

他のロボアドバイザーの無料診断でよくある

「株価が急落したらどうしますか?」

なんて質問は、これから資産運用を始める人はわからないし、わからないからロボアドバイザーを使ってみようとしているのに変ですよね?

楽ラップの無料診断は高評価ポイントです。

私の診断結果はこちら

 


やや保守型です。

どんな診断結果が出るのか?無料なので試しにトライしてください。

最強ロボアドバイザーを決定!17社無料診断&5社で運用開始した私がおすすめロボアドを紹介

2017.09.18

楽ラップのまとめ

楽ラップは私がロボアドバイザー5社で運用している中で運用実績は一番ですが、評価は一番下で、すぐに解約しようと思いました。

 

その理由として、手数料は他のロボアドバイザーに比べると安いのですが、投信工房やwealthnavi(ウェルスナビ)を長期で運用したときには勝てません。

それに、特に役立つ機能もないですし自動積立機能も今までなく、やっと最近追加されました。

長期で運用していこうとしていたのに、自動積立機能がないのは不便で、楽ラップだけ積立をしていません。

楽ラップの運用実績も私は好調ですが、SNSなどでチェックするとマイナスの人も見受けられます。

楽ラップはwealthnavi(ウェルスナビ)や投信工房と違って、なんか熱量が感じられません。

ロボアドバイザーは流行ってるから、とりあえずやっておこうみたいな感じがします。

買い物も銀行も証券会社も楽天で、ガッチリ囲い込まれているなら楽ラップでもいいと思いますが、私個人的には手数料や性能で勝るwealthnavi(ウェルスナビ)がオススメです。

 

ウェルスナビの種類で迷っている方はこっちもチェック↓

【要注意】ウェルスナビとウェルスナビforSBI証券の違いと後悔しない選び方

2017.10.15
石田博之

某物流会社に勤務しながら、株、ETF、REITから仮想通貨、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングなど最新の資産運用などにも積極的に分散投資を行いながら、長期的な視点で着実に資産構築している。
プロフィールの詳細はこちら