【300万円融資調達!】サラリーマンが日本政策金融公庫で事業融資を受けた方法を公開!

こんにちは!中谷です。

私は普通のサラリーマンなのですが、

日本政策金融公庫で300万円という事業融資を受けることができました!

今回はその体験をぶっちゃけて公開していこうと思います!


日本政策金融公庫で融資をうけるためには、

その融資制度を理解して、

創業計画書などのいろいろな書類をそろえて、

担当者と直接面談を行って・・・

と普通のサラリーマンにはかなりハードルが高めの手順が必要なのです。

 

ただサラリーマンだとしても、働き方改革による副業解禁で、

自分のビジネスをするために融資を受けたいという人は増えてくると思っています。

そんな起業家予備軍の方たちも、私が実際に融資を受けた方法を疑似体験してもらうことで、

日本政策金融公庫から融資をひくためのポイントをつかんでもらえると思います!

 

日本政策金融公庫とは?銀行との違いは何?


日本政策金融公庫(通称 公庫とよばれます)は、

日本政府が100%出資している政府系金融機関です。

 

政府系金融機関なので、自営業者だったり、

新しく企業したい人にも積極的に援助してくれるとてもありがたい金融機関です。

 

 

金融機関というと三井住友銀行とか、みずほ銀行といった銀行が有名ですよね?

これらの銀行は民間企業・・・いわゆる会社なんです。

 

会社としては、やっぱり利益を追求しなければいけないので、

私達にお金を貸すときの金利は公庫と比べると高くなります

 

 

条件は銀行によって違うとは思いますが、無担保ローンということで比べてみます。

今回私が受けた公庫の事業融資(無担保型)の金利 ・・・ 約2%

銀行の無担保ローン ・・・ 約6%前後

 

金利が4%も違うと返すお金の総額にはかなりの差がついてきてしまいます。

 

 

じゃあ公庫が全てにおいて有利かというと、そんなに甘い話はありません!

公庫の融資を受けるためには、

十分な資料の準備や厳しい審査をパスする必要があります。

実際のところ、融資が下りないということもけっこうあるみたいですよ。

 

【事前相談】融資の相談をしたら別の支店へ行けと言われました・・・


私は会社の近くにある日本政策金融公庫、本厚木支店へ突撃してきました!

 

結論としては自宅近くの別の支店へ行ってくれと言われたわけですが・・・^^

 

まず日本政策金融公庫の融資については、ホームページをチェックしましょう!

 


 


ただ見てもらったらわかるんですが、情報が多すぎてよくわからない・・・!

 

私の場合だと、

「アフィリエイトだとどの融資制度になるの?」

「どれくらいの期間借りられるの?」

「金利はどのくらい?」

そんな質問がいろいろと湧きあがったので、私は直接相談に行ったわけです。

 

 

本厚木支店に行くと、入口を入ってすぐのカウンターにお姉さんが座っていました。

 

中谷
公庫での融資の申し込みはこちらでできますか?

 

お姉さん
えっとご自宅は・・・横浜市のXXXですね。

そちらだとこちらではなく、横浜西口支店の管轄になりますね。

 

中谷
(あれここじゃだめなの?)

会社の近くのほうが通いやすいので、こちらで申し込みしたいのですが。

 

お姉さん
原則自宅近くの支店になりますね。そちらで申請をお願いします。

 

中谷
(自宅だと会社の半休取らないといけないんだけど・・・ぐぬぬぬ)

 

お姉さん
ちなみに申し込みはインターネット経由でもできますよ。

 

中谷
えっ!?そうなんですか?

 

融資の申し込み自体は、公庫のホームページからもできますし、

フリーダイヤルで融資の相談もすることができます。

私みたいにいきなり突撃してみるほうが珍しいようです。

事業融資相談ダイヤル 0120-154-505 (平日9時~17時)

 


パンフレットも頂いちゃいました。

 

ちなみに他にも融資についてこんなお話を聞けました。
  • 事業融資の金利は約2%ちょっと(2017年12月時点)
  • 不動産(自宅も可)を担保にいれると借入金利が下がる
  • お金の借入期間は”設備資金”になるか、”運転資金”になるかで異なる(設備資金は最大10年、運転資金は最大7年)
  • “設備資金”で申請する場合には、見積書が別途必要となる
  • アフィリエイトの広告費は(たぶん)運転資金に該当する
 

私のようにみたいにならないように公庫のホームページはしっかりとチェックしましょう!

無料で電話相談ができてしまうのでまずはそちらで相談してみることをおすすめします。

 

【書類から審査が始まっている!】創業計画書で事業計画を作成!

 

インターネット経由で融資の申し込みをすると、

翌日の朝には早速日本政策金融公庫から電話がかかってきました。

 

下記の書類を郵送で送るようにとの連絡です。
  • 創業計画書
  • 不動産の関連事項証明書・公図
 

不動産の関連事項証明書・公図は、私の自宅のものです。

事前にこれがあったほうが金利が下がるということだったので用意することにしました。

 

 

特に一番重要なのが創業計画書です!

フォーマットは公庫のホームページからダウンロードできます。

 


この資料で、自分の経歴や、事業内容、今後の事業見通しを説明するのですが・・・

初めてなので書き方がわからない!

書けるスペースも狭い!

 

 

実際の審査はこの資料の提出からもう始まっています!

私の場合、「このフォーマットのままだと十分自分の伝えたいことが伝わらない!」と思ったので

追加の資料を用意しました。

パワーポイントで12枚の事業計画と、エクセルで5パターン分の事業見通し計画です。

 


 

ここまでする必要はないのかもしれませんが、

公庫の人に事業内容を理解してもらい、融資を許可してもらうためには必要な資料だと考えました。

そして何より自分自身が納得する事業計画になっていないと、

ビジネスとして成り立たないので自分のために作った感じですね。

 

作成した資料がかなりのボリュームになりましたが、郵送で公庫へ提出します。

 

【面談は準備が重要】公庫の会議室で面談!


書類を送ってから2~3日すると、面談の連絡が来ました。

面談は基本平日なので、サラリーマンの私の場合は日程調整が必要ですね。

 

あと面談の際に追加で用意が必要な書類の連絡もありました。

 
  • 前年度の確定申告の控え
  • 給与明細
  • 本人確認用の運転免許証
  • 金融資産がわかるもの(通帳など)
 

 

面談の服装はスーツが基本です!

 

公庫に限らず金融機関に融資を受けに行く場合は身だしなみに気を付けましょう!

最近ちょっと太ってしまってウェストがぱっつんぱっつんだったのですけどね・・・

 

面談は公庫の面談スペースで行います。

横浜西口支店では、いくつかのスペースに区切られたオープンな会議室のような雰囲気でした。

公庫の担当者の方と名刺交換をして面談開始です!

 


 

まず事業計画の説明をするのですが、

私の場合はアフィリエイトという仕事自体を説明することがまず大変でした。

まずどのような作業を私がして、どのような仕組みが報酬が発生して・・・というところからの説明です。

 

そしてさらになぜ広告費が必要なのか、

リスティング広告の仕組みや、

事業の見通しを説明して・・と説明は大変だったのですが、

聞かれそうなことは事前にパワーポイントやエクセルで資料を作っておいたので大丈夫でした。

やっぱりしっかりと準備しておいてよかった!

 


創業計画書の事業見通しの書き方は初めてなのでいろいろと間違えていたのですが、

その場でお話しながらいろいろと修正してもらったので、少々間違えていても問題ないと思います。

 

融資の金額は、最初500万円で申請していたのですが、

私の事業計画だとそこまで運転資金は必要がない(資金がまわりそう)、

ということで最終的に融資額は300万円に落ち着きました。

5つ作っていた事業見通しの中で、

一番将来ありえそうなパターンで作った事業計画におちついた感じですね。

 


融資の金利についても最初は不動産を担保にするつもりだったのですが、

不動産を担保にしてもそこまで金利が落ちないですよという話になり、

不動産の評価に時間がかかると融資までの審査に時間がかかるということだったので、

不動産担保なしですすめてもらうことになりました。

 

 

最後に私の金融資産についての資料を提出しました。

銀行の通帳、株式などの証券口座、そして私の場合仮想通貨も持っていたので、

仮想通貨の口座画面のコピーも提出しました。

 


仮想通貨については「この場でこの口座確認できますか?」と言われたので

その場でスマホでログインして、仮想通貨を本当に所有しているかを確認してもらいました。

仮想通貨だからというわけではないかもしれませんが、

私がきちんとお金返せるかというところはきちんとチェックされていますね。

 

説明に一生懸命だったのであまり長くは感じませんでしたが、

1時間15分ほどで面談は終了しました。

 

【融資OK!】無事300万円の事業融資がおりました!

後日公庫の担当者の方から電話で連絡があり、

無事300万円の融資がおりることが決定しました!

 


その後すぐに日本政策金融公庫から融資手続き用の資料が送られてきました。

ここまでくるとあとは書類手続きなので安心ですね。

 

書類を郵送で提出したのが年末だったので、

しばらくお金は振り込まれないと思っていたのですが、

1月の頭には無事300万円が振り込まれていることが確認できました!


 

300万円からちょっと金額が減っているのは、団体信用保険に入った分が引かれて振り込まれたからです。

 

借金は悪!?私が融資を受けた2つの理由!


私が今回融資をうけた理由は大きく2つあります。

 

副業のための資金が欲しい!

私は本業のサラリーマンの他に、アフィリエイトという副業もしています。

今回はその副業の運転資金を借りたかったというのが1つ目の理由です。

 

アフィリエイトはあまり初期投資がかからないビジネスなのですが、

GoogleやYahooにサイトの広告を出すために広告費が必要となります。

今回はその広告費の運転資金として借り受けました。

 

ただアフィリエイトは収益が安定した副業というわけではないので、

他の副業の一つとして不動産投資、特に海外の不動産投資にも着目しています。

海外不動産であれば、特に私が注目しているフィリピンの不動産の頭金に活用して、

副業の収益の柱を複数増やしていきたいと考えています。

 

日本での不動産投資のために良い関係を作っておきたい!


不動産業界ではその金利の低さから日本政策金融公庫は有名です。

 

私は日本の不動産は自宅以外持っていないのですが、

今後チャンスが来たら日本の不動産も増やしていきたいと考えています。

 

日本政策金融公庫に限らず、

不動産投資をする上で融資をひくために金融機関との良い関係を作っておくことはとても重要です。

お金を借りたとしても、そのお金をきちんと返していくことができれば私の信用度があがっていきます。

その信用で不動産を買うときの融資を引ける可能性が上がるというわけです。

 

 

日本では”借金”=”悪”というイメージ強いですよね?

でも借金したお金を使ってそれ以上の利益を生み出すことができれば、

お金も増えていくし、何より時間の短縮になります。

 

適切に資金を使えるのであれば借金は悪ではないので、

むしろ良い借金はしていくべきだというのが私の考えです。

 

 

銀行は借りたお金を何に使うかまで厳しく見てくるところが多いですが、

公庫の融資は実際に借りてからは何に使ってもきっちり返済さえしていけばどうこう言われることがない…ようです。

なので、あくまでも一例ですが何かの投資に使って増やして返すということも出来なくはない。というのが現状です。

ただこれは別に私が推奨しているということではないですので、判断はあなたにお任せします。

 

【300万円融資調達!】サラリーマンが日本政策金融公庫で事業融資を受けた方法を公開!まとめ

 

今回は普通のサラリーマンの私が日本政策金融公庫で事業融資を受けた体験を書いてみました。

自分でも今回300万円の融資が通ってしまったのには正直驚きました。

 

日本政府が行っている働き方改革で、

これまで副業について原則禁止だったものから原則容認に方針が変わるようです。

もうこれからの時代、サラリーマンでも副業は当たり前のように許可される時代になってきそうですね。

 

これは逆に言うと、サラリーマンでも会社だけに依存せず、

個人が自分自身で稼がなければいけない時代になってくるということかもしれません。

 

今後はサラリーマンでも私のように、

日本政策金融公庫で事業融資を引こうとする人も増えるのではないでしょうか?

そんなサラリーマン事業家向けの人柱になってみました!参考にして頂けると幸いです!

某家電メーカーに勤めながら資産構築を実践するサラリーマン投資家。
株やFX、ビットコインなどの仮想通貨、そして海外不動産投資を体験しながら長期的な資産形成を実践中。プロフィールの詳細はこちら