【日本語で教えます!】フィリピンのcoins.ph(コインズPH)でビットコインをペソ(PHP)に換金する方法を徹底解説!

今回はフィリピンの【coins.ph(コインズPH)(コインズPH)】というサービスを使って、

ビットコインをフィリピンペソ(PHP)へ換金する方法を日本語で徹底解説していきます!

 

coins.ph(コインズPH)(コインズPH)は『とにかく手っ取り早くビットコインをフィリピンペソに交換したい!』という忙しい人におすすめのサービスです。

 

coins.ph(コインズPH)(コインズPH)がすぐにわかる5つのポイント!

【ポイント1】 割高だけど、すぐ買えてすぐ売れる!

coins.ph(コインズPH)(コインズPH)はビットコインの販売所です。

 

販売所は例えるとビットコインの質屋のようなもので、

ビットコインの買い取り価格と売り出し価格が決まっています。

 


例えばある時のcoins.ph(コインズPH)(コインズPH)の価格は

coins.ph(コインズPH)へ1ビットコインを売る場合が453,754ペソ

coins.ph(コインズPH)から1ビットコインを買う場合が469,796ペソ

でした。

その差16,042ペソ・・・3%強の価格差があります。

 

この差額がcoins.ph(コインズPH)の利益なので、その分割高になってしまいますが、

一気に多くの仮想通貨を換金することができます。

今すぐにビットコインを換金したい!という人におすすめです。

 

どうしても価格が気になる人には販売所でなく、ユーザー間で取引できるこちらの取引所がおすすめです。

⇒【フィリピン取引所!】coinage.ph(コインエイジPH)でビットコインとペソ(PHP)の売買を日本語で解説!

 

【ポイント2】 売買できる仮想通貨はビットコインだけ!


coins.ph(コインズPH)で売買できる仮想通貨は現時点でビットコインだけです。

はやく他の通貨にも対応して欲しいところですね。

 

【ポイント3】 個人情報の登録は必須!


coins.ph(コインズPH)から送金したり、入出金の上限を上げるためにはどうしても個人情報の登録が必要になります。

下で詳しく一覧にまとめてみました。

 

【ポイント4】 2段階認証に対応!


coins.ph(コインズPH)は2段階認証に対応しています。

仮想通貨を取り扱う上で2段階認証は最低限のセキュリティだと思います。

 

【ポイント5】 フィリピンペソ(PHP)を銀行へ送金可能!


ビットコインをフィリピンペソ(PHP)に換金できても、そのペソを送金できないと意味がありませんよね?

coins.ph(コインズPH)ではATM引き出しや、GCash、銀行への送金など多くの送金手段に対応しています。

 

【やっぱり登録しないとダメ!?】coins.ph(コインズPH)の個人情報の認証レベルと入出金制限

 

 
入金 出金
レベル1

口座開設のみ
1日2,000PHPまで 出金不可
レベル2

個人情報の確認
1日50,000PHPまで 1日50,000PHPまで
レベル3

住所の確認
1日400,000PHPまで 1日400,000PHPまで
カスタム 相談 相談
ビジネス 相談 相談
 

coins.ph(コインズPH)での認証レベルと入出金上限をまとめました。

詳しい個人情報を登録することで、入出金の上限があがっていきます。

 

できるだけ個人情報は登録したくないなぁ・・・という人もいるかもしれませんが、

口座開設だけだとフィリピンペソ(PHP)での出金もできません!

 

まぁどこのだれかもわからない人には好き勝手入出金させませんよね。

 

カスタムや、ビジネスの入出金制限は交渉次第で上限をもっとあげることができるようですが、

そのためには一定額の取り引きをして実績を作る必要があります。

 

 

中谷
まとまったお金を送金したい人は、個人情報の登録を行って

入出金の制限を解除して利用するようにしましょう!

 

【図解と日本語で解説】coins.ph(コインズPH)の口座開設方法!


 

では早速coins.ph(コインズPH)で口座を作る方法を画像と私の翻訳で解説していきたいと思います!

まずは下記のボタンからcoins.ph(コインズPH)のサイトへアクセスしてください。


 

こちら経由でアカウントを作成して個人情報の登録まで完了するとあなたの口座に50ペソが入ります。

ジュース代くらいのものですが、無料なので貰えるものはもらっておいてください。

そんな小銭いらね!という方はこちらからアクセスしてくださいね。

⇒coins.ph(コインズPH)の公式サイトへアクセス

 


この画面で携帯番号(またはメールアドレス)とパスワードを入力します。

 

携帯番号は日本のコードである”+81″を頭につけるのと、”090-XXXX-XXXX”の最初の”0″を除いた番号を入力してください。

例えば、あなたの携帯番号が”090-1234-5678″の場合、入力する数値は”+819012345678″です。

 

パスワードは安全のためにも他の取引所のパスワードを使いまわしたりとかは絶対にしないようにしましょう!

 


すぐに登録した携帯番号かメールアドレスに6桁の確認コードが送られてきます。

その確認コードを入力して”VERIFY”をクリックしてください。

 


 

この画面が表示されたらcoins.ph(コインズPH)の口座開設は完了です。

 

ちなみに私の場合、読み込み中で画面が止まったりしましたんですけど、

再読み込みすると直りました。

 

中谷
英語だと大変そうに見えますが、日本の取引所と同じで開設は簡単ですよね!

【送金するには必須!】coins.ph(コインズPH)に個人情報を登録

 


coins.ph(コインズPH)にログイン後にこんな画面が出ます。

フィリピンの銀行の規則があるから、あなたの個人情報を登録してね!という案内です。

 

個人情報を登録しないと送金ができなかったり、取り扱える金額の上限も低いままです。

さくっと登録してしまいましょう!


まずは名前を登録します。

“First Name”に名前、”Last Name”に苗字を入れて、”NEXT”ボタンをクリックしましょう。

 


次は誕生日です。

“月”, “日”, “年”の順で入力します。

日本で良く使う”年”,”月”,”日”の順番ではないので注意しましょう。

 


次にフィリピン市民かどうかです。

ほとんどの人は”NO”ですよね。

”NO”の場合は国籍も聞かれるので”Japan”を選択します。


次に住所の入力です。
  • 部屋番号、建物、番地
  • 市区町村名
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 国(たぶんJapan)
を入力します。

 

ここが英語で少し大変ですが、無理に英語を使わなくても

住所をそのままローマ字読みで書けば大丈夫です。

 

最後の項目は入力した住所と本籍地が同じ場合にチェックします。

チェックしない場合は、次に本籍地の住所の入力があります。


必要な人は、本籍地の住所の入力をします。


coins.ph(コインズPH)で使うお金はどのようなお金かを質問しています。

上から順に”給料”, “家族からの仕送り”, “個人年金”, “その他”なので、

この4つの中から選んでください。

 


次に自分の写真の登録です。

図のように身分証明書と一緒に撮った写真をアップロードします。


カメラがないと写真が撮れないので、ここはスマホでやったほうがいいと思います。


引き続き、メールアドレスと、IDの登録を行っていきます。


登録するメールアドレスを入力します。


登録したメールアドレスに確認コードが送られてくるので入力してください。

メールアドレスの登録はこれで完了!


次にID(身分証明書)の確認を行っていきます。

coins.ph(コインズPH)のアカウントを他に持っているか聞かれていますが、普通の人は初めてだと思うので上を選択してください。


性別、国籍、誕生日をそれぞれ記入します。


 

次に職業について記入します。

 

“従業員”、”自営業者”、”退職者”、”失業者”、”学生”から選択しましょう。

会社員の場合は、さらに職種、役職、会社名の記入を促されます。

 

けっこうぐいぐい聞いてきますね・・・。


 

身分証明書(というかパスポート)について入力します。

パスポートの有効期限、パスポート番号を記入し、パスポートの写真もアップロードする必要があります。


このチェックは記入した内容の最終確認なので全部チェックいれておけば大丈夫です。


これでやっと個人情報の登録完了です!お疲れ様でした!

 

中谷
英語ばっかりなんでここが一番の難関ポイントですね~。1回やれば終わりなので頑張りましょう!

coins.ph(コインズPH)の2段階認証設定方法


セキュリティを高めるためにcoins.ph(コインズPH)でも2段階認証は最初に有効にしておきましょう!

右上のアカウント情報から”Settings”を選択します。


真ん中の項目が2段階認証なので”Enable 2FA”をクリックします。


QRコードが表示されるのでスマホのGoogle認証アプリで読み取りましょう。

その後アプリで表示される6桁の認証コードを入力します。


Statusが”Enabled”に変わったら設定完了です。

中谷
2段階認証は仮想通貨に投資するなら常識!まだ使ってない人はすぐに使えるようになりましょう!

coins.ph(コインズPH)へビットコインを送金する方法

では早速フィリピンペソに変換・・・の前に注意点が1つあります。

ビットコインをcoins.ph(コインズPH)のアドレスに送ると、その時点のレートでいきなりフィリピンペソに変換されます!

 

ビットコインを送るととにかくいきなりフィリピンペソに変わってしまうというというところに注意してください。

 

もちろんビットコインに戻すこともできますが、そのたびcoins.ph(コインズPH)が有利なレートで変換されるのでcoins.ph(コインズPH)側が儲かるだけです。


ビットコインを送金する場合には、

画面左上の”PESO WALLET”のQRコードみたいなボタンを押します。


するとペソウォレットのアドレスとQRコードが表示されます。

このアドレスにビットコインを送金することでフィリピンペソに変換されます。


送金が完了するとトップ画面のペソウォレットのところに金額が表示されます。

 

中谷
ビットコインじゃなくフィリピンペソで保管する財布だからペソウォレットなんです。

いきなり換金されるので気を付けてくださいね。

 

【日本語で教えます!】フィリピンのcoins.ph(コインズPH)でビットコインをペソ(PHP)に換金する方法を徹底解説!

 

今回はcoins.ph(コインズPH)でビットコインをフィリピンペソ(PHP)に換金する方法の解説でした。

 

仮想通貨の世界は本当にすごい勢いで成長していますよね!

フィリピンも経済もすごい勢いで成長中なので、この2つを結び付けて

資産形成のビッグウエーブに乗ろう考える人は今後どんどん増えてきます。

 

資産形成の1つの手段としてもアンテナを張っておいて損はないです!

 

多くの人が気付くころには、口座開設が制限されていてできない!なんてことも仮想通貨業界ではよく聞く話です。

conis.phに限らず、海外の仮想通貨の取引口座は開設だけでもしておきましょう!

 

coins.ph(コインズPH)のビットコインとフィリピンペソの換金レートが気になる人は、ユーザー間で取引できるフィリピンの取引所もおすすめです。

ぜひこちらの記事も見てみてくださいね。

⇒【フィリピン取引所!】coinage.phでビットコインとペソ(PHP)の売買を日本語で解説!

某家電メーカーに勤めながら資産構築を実践するサラリーマン投資家。
株やFX、ビットコインなどの仮想通貨、そして海外不動産投資を体験しながら長期的な資産形成を実践中。プロフィールの詳細はこちら

【参加者募集】海外金融×スラム体験×遊ぶツアー開催します!

あなたも、日本ではありえない海外金融の勉強をしながら
新興国でないと味わえないスペクタクルな体験をしませんか?

第一回目はフィリピンマニラ!日本からたった4時間ほど。

■日程
2018年8月下旬~9月中(話し合って決めましょう)

■対象者
海外保険や金融商品について詳しく知りたい、加入したい人。価値観を変える体験をしたい人。

 

とくに、日本である程度ふつうに収入があるにもかかわらず

  • 金銭的な不安で頭がいっぱいになっている人
  • 老後の生活が不安な人
  • 毎日同じ繰り返しで刺激がほしい人

こんな方にとっては非常に有益な体験になるかと思います!

ぜひ海外に出て、一緒に学んで遊んで冒険しましょう^^

詳細&申し込みフォームはこちら↓

【第一回】あなたの価値観が『540度』変わるフィリピンツアー!参加者募集しまーす!

2018.08.05